Pioneer、テレビ事業から撤退か!?

Pioneer がプラズマテレビなど薄型テレビの開発・生産から撤退する方向で検討に入ったと、産経・読売・毎日の各紙で記事になっています。すでにプラズマテレビのパネルの生産は撤退を発表しておりましたが、テレビそのものの撤退は残念でしかたないです。

読売新聞 パイオニア、TV事業を大幅縮小へ…撤退も視野に

 電機大手パイオニアが、テレビ事業を2009年度から大幅に縮小する検討に入ったことが6日、明らかになった。

 将来の完全撤退も視野に事業を抜本的に見直す。同社はかつて日本国内のプラズマテレビ市場を主導したが、価格戦術の失敗に世界的な景気悪化が重なり採算の見通しが立たない状態だ。今後は強みを持つ車載用品などに経営資源を集中する。

 パイオニアは昨年、プラズマテレビのパネルの自社生産から撤退した。現在はプラズマのパネルをパナソニックから、液晶パネルをシャープからそれぞれ購入して組み立て「KURO(くろ)」ブランドで展開するなどしている。08年度の生産台数は約35万台の見通しだ。


Panasonic が開発した neoプラズマ を使った Pioneer 製プラズマテレビ KURO の発売を楽しみにしていたファンも多いと思うので、できることならば続けて欲しいなと思ったりします。現実は難しいでしょうが‥‥

カーナビが順調なときはまだよかったのでしょうが、車の生産も減る一方ではカーナビも売れるはずがなく、プラズマかカーナビか、どちらのマーケットを選択するのかといえばカーナビのほうになるのは明白です。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す