Pioneer、プラズマTVの生産終了へ

パイオニア が自社のプラズマテレビの生産を、2009年4月 以降に生産する 3000台 をもって終了することを発表しました。最後に生産される商品も含め、アフターについては最低でも8年間は対応するということですので、最後の名機を買われる方は安心されるといいですよね。

プラズマテレビ生産終了のお知らせ

平素は当社商品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
当社はこれまでプラズマテレビの生産・販売を継続してまいりましたが、2009年4月1日以降約3,000台 (KRP-500A、KRP-500M、KRP-600A、KRP-600Mの4機種合計) の生産をもって、日本国内向けのプラズマテレビの生産を終了いたします。


パイオニア で営業をされていた F さんに大変お世話になった身としましては、こういったニュースは残念でしかたがないのですが、パイオニアという企業名の通りに、なにか新しいことに進むステップとして、その分野のパイオニアとして、これからの新しい商品を作り出し、企業価値を高めていって欲しいなって思います。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す