PS3、国内累計販売が300万台を突破!

ソニー・コンピュータエンタテイメント ( SCEJ ) のゲーム機 PLAYSTATION 3 ( PS3 ) の国内販売累計台数が 300万台 を突破したことがエンターブレインの調べてわかったそうです。SCEJ の発表ではなくエンターブレインの発表ですが、まぁ、ほぼ正確ではないでしょうか。

毎日新聞

 ソニー・コンピュータエンタテインメントの家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)3」の国内販売数が300万台を突破したことが3月31日、エンターブレインの調べで分かった。

 06年11月の発売から約2年半(125週目)での達成だが、「PS2」では発売から半年(26週)で達している。PS3は、スーパーコンピューター並みの半導体チップを内蔵、ブルーレイ・ディスク搭載でハイビジョン画質の高精細な映像でゲームが楽しめる。約5万円の高値で発売され、ソフトに巨額な開発費が必要となるため、対応ソフトが不足するなどが原因で普及が伸び悩み、07年11月に3万9980円の新モデルを発売した。ライバルの任天堂「Wii」は約800万台を販売している。【河村成浩】



販売されているゲームソフトだけをとれば Wii の圧勝なのかもしれないけど、どっちの電源がよくついているかっていうと PS3 のほうが僕の場合は多いかな。でも、もっとも多いのは ニンテンドーDS だったり PSP だったりするんだけどね(^^;;;

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す