SONY、動画サイト「eyeVio」運営から撤退!

やっぱり SONY だなぁ。

SONY は、同社が運営する動画共有サイト eyeVio を 株式会社スプラシア に譲渡して運営から撤退するそうです。SONY 側は運営会社の変更で譲渡ではないと説明をしているそうだけど、SONY 製品からのアップロードやダウンロードができなくなる時点で譲渡した上での撤退と捉えるよ。



【重要】動画共有サービス“eyeVio(アイビオ)”の運営会社変更のお知らせと個人情報移行のご同意確認

平素より格別のお引き立てを賜り、心より厚く御礼申し上げます。
2007年4月より運営してまいりました動画共有サービス“eyeVio”(アイビオ)につきまして、2009年5月29日(金)12:00(正午)をもちまして、ソニー株式会社による運営を終了し、高いアプリケーションプラットフォーム技術を有する株式会社スプラシア(http://www.sprasia.com/)による運営に変更となり、新たに“eyeVio”サービスがスタートする運びとなりました。
それに伴いまして、下記のように一部機能が停止・変更となりますが、ハイビジョン画質による投稿・視聴機能“eyeVio HD Pro”等の基本機能は継承される予定です。


動画共有サイトにいち早く HD 画質を持ってきたことは誇れる事実だと思うのだけど、結局のところなにがしたかったのか明確な方向性が打ち出せなかったのが残念でしかたないですね。

でも、こうもあっさり辞めちゃうところは、ホント SONY らしいわ。

果たして同じようにネット上で展開する Life-X はいつまで持つのやら‥‥。先日、どこかのインタービュー記事で収益は考えなくていい事業だと担当者は語っていたけど、そりゃねーなって思わせるよね。こんなあっさりな撤退があるんだから‥‥

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す