Amazon、Kindle DXを発表

Amazon が電子ブックリーダー kindle の新製品 kindle DX を発表しました。kindle 2 の画面の2倍の 9.7インチ の電子ペーパーディスプレイとなっていて、解像度は 1200 × 824 ( 150ppi ) の 16階調グレイスケール なんだそうです。

kindle DX
Amazon kindle の形式となる AZW や PDF、TEXTファイルなどが画面上に表示が出来て、Amazon の Kindleストア から 27万5000冊 の書籍を直接購入し、ダウンロードが出来るほか、The New York Times, The Washington Post, The Boston Globe の新聞各紙がトライアルプログラムに参加し、安めの購読料で kindle で閲覧ができるようになるそうで、これだけ大きな画面だと持ち運びには適さないかもしれないけど、家のなかで読むには案外いいかも。

Kindle DX は従来の Kindle 同様に EV-DO モデムが内蔵されているので、携帯の回線を通じて書籍の購入が簡単に行えますし、内蔵のストレージは 4G ( ユーザエリア 3.3GB ) ということで、単行本だとおよそ 3500冊 が保存できるということで、僕の所蔵が、これひとつに十分入っちゃいます(^^;;;

日本は電子書籍では一歩先を行く先進国的存在だったのに、ハードはともかく、書籍の著作権などを初めとする諸処のソフト ( 書籍 ) の問題で、あっという間に後進国な存在に。紙には紙のよさがあるのは重々承知しているけど、電子書籍化することで、ペリー・ローダンのような小説も1巻から揃えたとしても邪魔にならないし、そもそも手に入れにくいなんてこともない。紙は紙として必要。でも、こういう電子書籍も必要だと思うんだけどなぁ。

日本ではこういう商品は望めないのかなぁ‥‥

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す