Windows Vista SP2 配布開始

Microsoft は Windows Vista と Windows Server 2008 向けの SP2 ( Service Pack 2 ) の提供を開始しました。ダウンロードサイトから無償でダウンロードできます。

Windows Vista SP2 / Windows Server 2008 SP2 は新たなハードウェアへの対応、信頼性などの改善など多岐にわたる性能の向上がなされているようです。全体では約700にも及ぶ項目で機能追加や改善などが行われているということです。

Microsoft(R) Windows Vista(R)およびMicrosoft Windows Server(R) 2008 Service Pack 2日本語版を5月27日より提供開始

 マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区)は、「Microsoft(R) Windows Vista(R) および Microsoft Windows Server(R) 2008 Service Pack 2」 日本語版(以下、Windows VistaおよびWindows Server 2008 SP2)を、2009年5月27日より、Webサイトからの無償ダウンロードで提供開始します。

 Windows VistaおよびWindows Server 2008 SP2は、Windows Vista Service Pack 1およびWindows Server 2008各製品出荷以降に提供した更新プログラムの累積と、お客様からのご要望をもとに現在実装している機能をさらに拡張した機能を、一括で適用します。マイクロソフトは、更新プログラムを継続的に提供すると同時に、ソフトウェアおよびハードウェアベンダーと連携し、ベンダー各社が互換性、信頼性、およびパフォーマンスの向上を実現できるよう支援することにより、Windows VistaおよびWindows Server 2008の機能強化を図っています。


RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す