NTTドコモの携帯電話機の不正入手に対する取組み

NTTドコモ は盗難や本人確認の書類偽造などの不正に入手された携帯電話が増加していることを受け、そういった不正に入手されたものと明らかになった端末は、ドコモショップの申告に基づいて、音声通話やパケット通信などを利用できないようにする措置を 10月1日 から導入するという事です。

携帯電話機の不正入手に対する取組みについて

NTTドコモ(以下ドコモ)は、盗難や契約時における本人確認書類の偽造などにより、不正に入手された携帯電話機の一部が市場で流通していることから、携帯電話機の不正入手に対する新たな取組みを2009年10月1日(木曜)より開始いたします。


こういった不正端末と知らずに購入などをしてしまったユーザに対しても規制をするということなので、中古やオークションでの購入する際は、ドコモが提供する利用性対象機種かどうかのチェックをウェブ上で提供するということなので、それを行った後に購入するようにしたいですね。

ソフトバンクモバイルはすでにこういったサービスを行っていて、ヤフオクで落札した端末が不正品だったらしく、通信規制にあっているという悔しい思いをしているユーザもおられるようです。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す