『PLUTO(8)』浦沢直樹

PLUTO 8 (ビッグコミックス)
浦沢 直樹
4091825249


手塚治虫の鉄腕アトムの「 地球最大のロボット 」を浦沢直樹がリイマジネーションシタ『 PLUTO 』の最終巻は一気に謎が‥‥ というか、物語が終局へと向かっていきます。

憎しみからは何も生まれない

強いメッセージ性のある展開で、全部読み終わって面白くてグダグダ感もほとんどないのでよかったなぁって感じです。でも、もう少し巻数を短くできたかもって感じはしたけどね。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す