SONYが電子ブックリーダーの新製品

米 SONY が電子ブックリーダー「 Reader 」の新製品を発表しました。512MB の内蔵ストレージに 6インチ ( 800 × 600 ) の E Ink ディスプレイとタッチスクリーンを備えた PRS-600 “Touch” と、同じく 512MB の 5インチ ( 800 × 600 ) の E Ink ディスプレイを備えた PRS-300 “Pocket” がラインナップされています。

e-book Reader
PRS-600 は MS/SD カードスロットも搭載してあり、Oxford American English Dictionary がプリインストールされるなどして 299ドル。PRS-300 はちっこいのが取り柄で 199ドル となっています。

日本ではすっかり下火となった電子ブックですけど、正直、価格よりもしっかりとした書籍ラインナップと PDF のようなデファクトなフォーマットがあれば、日本でも普及すると思うんだけどなぁ。

紙の方がいいとか、そういう議論はあるだろうけどさ、僕なんかは電子化してもらってると検索して、読みたいところをチョイスできるっていうのはものすごく嬉しいよ。時間の無駄が省けるし。

それに、うちには約2000冊くらいしかないんだけど、それでも結構スペースを取るもんだから、それがパソコンのなかに収まっちゃうっていうのなら、いまよりも部屋を有効に使えそうだしね。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す