工人舎の超小型PC「PM」、10月発売

工人舎 が韓国の UMID の mbook M1 をベースに、液晶ヒンジ部分の強度強化と ACアダプタ の小型化を行うなどの修正をした超小型 PC 「 PM 」を10月上旬より 59800円 で発売するそうです。


Atom Z510 ( 1.10GHz )、512MB、16GB SSD、4.8型 ( 1024 × 600 ) たっとパネル付き液晶 などのスペックに、搭載する OS は Windows XP Home Edition で、EIOffice 2009 をプリンストールしているそうです。

日本語キーボードでの発売なんだそうですが、個人的には英語版だったらなぁっていう感じ。基本的には、ガシガシと打つタイプのキーボードではないけれど、それでも日本語よりも英語の方がまだ打てるかな、と。

あと、mbook M1 が出た当初にはなかったシャープの NetWalker のほうがコンセプトがハッキリとしていそうで、どちらかというと NetWalker のほうがいまなら欲しいかなって感じです。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す