EUの欧州委員会、DAPの音量制限へ

ITmedia の記事によると、EU の欧州委員会が聴覚障害防止のため iPod などの DAP ( MP3プレーヤー ) の音量に関する完全基準を策定し、その基準に沿った音量制限を義務づけることを明らかにしたそうです。策定には2年くらいはかかるとのことです。

EU、MP3プレーヤーに音量制限 聴覚障害防止のため

 欧州連合(EU)の欧州委員会は9月28日、MP3プレーヤーに音量制限を設けることを明らかにした。MP3プレーヤーを大音量で聴き続けると聴覚障害が生じる可能性があるためという。

 同委員会は、MP3プレーヤーの安全な利用レベルを規定、「80デシベルで視聴する場合は週に40時間まで、89デシベルでは週に5時間まで」としている。MP3プレーヤーのメーカーに対し、安全な音量レベルをデフォルト設定にすること、ユーザーに難聴リスクを十分に警告し、リスク回避方法を伝えることを義務付ける。


iPod で聴いている音楽がイヤホンから何デシベルで出ているのかが簡単にわかればいいんだけど、そうはいかないので 89db で週5時間は危険ですと言われてもなかなか難しいかも。

ただ、僕自身も「右の耳、高い音聞こえてないですね?」って検査結果で言われちゃったのですが、思い当たるのはコレなんですよね。NOFX とかを聴くときって、すんげー大音量にしちゃうんですよ(^^;; カナル式なので音漏れはしていないと思うし、電車のなかでは下げてるけど、普通に歩いてるときはそりゃもうすんげー(笑)

気をつけなければ(^^;;;

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す