Safari 4.0.4 アップデート

Apple が Webブラウザ の Safari 4 をアップデートし Safari 4.0.4 としました。JavaScriptのパフォーマンスの改善などがされているようです。Safari 4.0.3 はソフトウェアアップデートでアップデートできますよ。

アップデート後は再起動が必要ですよ(^^

これはすべての Safari ユーザに推奨されるアップデートで、パフォーマンス、安定性、およびセキュリティが次のように改善されます:

・JavaScript のパフォーマンスが改善されます
・履歴に記録されている項目数が多いユーザが、すべての履歴を対象に検索を実行する場合のパフォーマンスが改善されます
・他社製プラグイン、検索フィールド、および Yahoo! メールの安定性が改善されます

このアップデートのセキュリティの改善点について詳しくは、このサイトを参照してください:http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP



Safari 4.0.3 では異常なまでに Flash プレーヤープラグイン がメモリを食っていましたが、今回の修正点にある他社製プラグインの安定性の改善で、メモリ食いが直っているといいのだけど‥‥

追記

プラグインは安定しているようです。ユニクロのブログパーツのあるサイトを開きっぱなしだと、やはり Flash プラグインはどんどんとメモリを食い続けているようですが‥‥(笑) また、Safari 自身のメモリ食いはまったく直っていないようです。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す