SONY、分離して使うモバイル電源を発表

SONY が USB 出力が付いたポータブル電源 CP-AL を 4月20日 から発売するそうです。店頭予想価格は 4000円 前後。これはちょっと変わっていて、コンセント部とバッテリー部とが分離する仕組みになっていて、家で充電するときはバッテリー部にコンセント部をくっつけて、外出時にはバッテリー部だけ持ち歩くっていう感じで使うんです。






バッテリー部は USB 出力 5V 500mA で利用した場合で約60分。充電時間は約3時間、繰り返し利用できる回数は約500回となっています。

ただ、正直に言うと性能的におススメなレベルとは言いがたいです。

サイズ的に考えるとサンヨーの eneloop の KBC-L2AS が近いと思うんですが、こちらは USB 出力 5V 500mA だと最大240分利用ができ、しかも USB 端子が2つもついている。そして、充電が AC でも USB からでもできるので、便利なんですよね。唯一の欠点は、AC でも 7時間 かかってしまう充電時間くらいなものです。




そうそう、あとニッケル水素電池のサイクルエナジーも新製品が出ますよ。

プレスリリース

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す