アートマン弐壱『どこでもJedit』ベータ版を配布

アートマン弐壱 が、Mac OS X 用テキストエディタ Jedit X をメーラーやワープロなど様々なアプリケーションのなかで利用できるようにする「 どこでも Jedit 」のベータ版の配布を開始しています。有料の予定ということですが、2月28日までは無性で利用できます。

利用には Mac OS X 10.5 以上で Jedit X Rev.2.20 以降が必要となります。



メールやブラウザを使っているときに Jedit X を使いたくなったら、初期設定では Option キーをダブルクリックするだけで Jedit X が起動します。で、手軽に文書作成ができるわけなんですが‥‥

ここまで簡単に Jedit X を呼び出しできるのなら、あとはアプリケーションに手軽に文章が流し込めれば言うことないのにって思ってしまいました。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

アートマン弐壱『どこでもJedit』ベータ版を配布” へのコメントが 3 点あります

  1. どこでも Jedit は、起動元のテキストのコピーだけでないく、編集がおわったらテキストを起動元へ流しこめるようになっています。

  2. ごめんない。

    そうですね。終了時に出てくるダイアログの書き戻すっていうボタンを押せば流し込めますね。

    確かにそうなんですけど、ボク的に思ったのは終了作業をしないで、書き戻す的なボタンがすでにツールバーなんかに備え付けられてて、それを押せば、流し込んで終了っていうのが手軽にできたらなぁという意味で書いてしまっていました。

    言葉足らずで、、、

    すみません(^^;;;

  3. 追記

    昨日、思ったのを思い出した。

    Optionキーのダブルタイプで起動なら、
    もう1度、ダブルタイプで流し込み終了ってできないのかな?って
    そうも思ってたんだ(^^;;;

コメントを残す