Office for Mac 2011 今年後半に発売予定

Microsoft が今年の後半に米国で発売予定の Office for Mac 2011 の新要素を発表したそうです。今回は共同編集機能が目玉機能として用意されているようです。これは Mac、Windows と異なる OS 間でも複数のユーザがひとつの書類を開いてその内容を編集できる機能となっているそうです。

また、Office for Mac 2011 は、

1)ユーザのフィードバックを元に開発
2)異なるプラットフォーム間の互換性を高める
3)新しいユーザインタフェースの搭載

という3つの特徴を備えているそうですし、ウェブ版の Office Web Apps での編集作業にも対応できるようになるそうです。UI にはリボンが採用されるそうなのですが、これって結構画面を占領するんですよね。まぁ、リボンをたたむことはできるんですけどね。



プレスリリース


Office Mac 2008 は購入したわりには使ってないんですよね。結局、Windows 版とレイアウトが違うのでやり直すことが多かったり、そもそも Windows 版の方が快適だったり‥‥(^^;;; 会社に関係しないシートは Numbers で作ることも多くなったし‥‥ Office Mac 2011 は購入するかどうか悩むなぁ。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す