Google、Google 日本語入力 の開発版を公開

Google は日本語入力システム Google 日本語入力 の開発版の公開を開始しました。Mac OS X版のバージョンは GoogleJapaneseInput-0.10.264.101 となりまして、Snow Leopard 環境で設定画面のプルダウンメニューが正しく表示されない問題を修正しているそうです。


Google 日本語入力に開発版が追加されました。

Google 日本語入力ベータ版をお使いいただいている皆様、いつもありがとうございます。一日も早く正式版の品質に到達するべく、チーム一丸となって開発に取り組んでおりますので、今後ともよろしくお願いいたします。さて本日より Google 日本語入力に、これまでのベータ版に加えて、開発版が追加されました。開発版は、以下の点でベータ版とは異なります。

・新機能が開発段階の形でリリースされます。場合によっては、一度追加された機能が次の更新で削除されることもあります。
・公開前に行っている社内テストが、一部省略されています。
・ベータ版よりも頻繁に更新されるため、予期しないタイミングで使用できなくなるリスクが高くなります。
・問題の早期発見のため、使用統計データと障害レポートの送信が常にオンになります。
・単語候補の選択ウィンドウにビルド番号が表示されます。


開発版は新機能や問題の修正をいち早くお試しいただけますが、安定性の観点から、通常のご利用にはベータ版をおすすめします。

今回の開発版リリースでは、次のような変更点が行われました。

Windows / Mac 共通
ローマ字ルールを変更する機能を追加しました。設定ダイアログからローマ字ルールを変更できます。


いつになったら SHIFT + かな キーで平仮名とカタカナのモード切り替えができるようになるんだろうなぁ。期待しています。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す