MacBook ハードドライブの問題に対するリペアエクステンションプログラム

Apple は 2006年5月〜2007年12月の間に販売された MacBook のごく一部にある条件下で HDD にトラブルが発生するとし、HDD を無償で交換するリペアエクステンションプログラムを開始しました。対象となる商品かどうかは Apple リテイルストアやアップル正規サービスプロバイダでチェックできるとのことです。

MacBook ハードドライブの問題に対するリペアエクステンションプログラム

調査の結果、およそ 2006 年 5 月〜 2007 年 12 月の間に販売された MacBook コンピュータのハードドライブのごく一部が一定の条件下で故障することが判明いたしました。

上記の期間に MacBook をご購入になり、画面に “?” マークが点滅する場合、お使いの MacBook をアップルかアップル正規サービスプロバイダまでご持参ください。アップルまたはアップル正規サービスプロバイダでハードドライブをお調べし、お客様のハードドライブがこのプログラムの無償交換修理の対象になるかどうかを確認させていただきます。

注意:お使いの MacBook に上記の現象が見られない場合は、アップルやアップル正規サービスプロバイダにご連絡いただく必要はありません。なお、念のためにデータのバックアップを取っておかれることをお勧めします。詳細はこちら。

対象となる MacBook コンピュータの識別方法
症状
MacBook の電源を入れると画面上で “?” マークが点滅する。

対象機種
13 インチのブラックまたはホワイトの MacBook のうち、プロセッサ速度とハードドライブ容量が以下に該当する機種。

プロセッサ速度 – 1.83 GHz、2 GHz、2.16 GHz
ハードドライブ容量 – 60 GB、80 GB、100 GB、120 GB、160 GB


うちの MacBook は期間内のものとなっていますので、対象商品となっているかどうか点検にいかなければという感じです。Apple Store 心斎橋に行くのも久しぶりなので、楽しみがてら点検にでも行こうかな。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す