どこでもJedit Rev.1.01β アップデート

アートマン弐壱 は、ベータ版として配布している Mac OS X 用テキストエディタ Jedit X をメーラーやワープロなど様々なアプリケーションのなかで利用できるようにする「 どこでも Jedit 」の、最新ベータ版 Rev.1.01 βの公開を開始しました。

今回のアップデートで3つの仕様改良と3つのバグ修正がなされています。

個人的には、初公開されたときにオプションキーのダブルタップで起動できるなら、同じようにダブルタップで終了できたらいいのにってコメントしていたんですが、早速、仕様が改良され、ダブルタップでも終了できるようになっていました。これは嬉しい。

そういう声が多かったってことでしょうね。

ブログの更新をエディタで書いてアップするわけなんですが、これだとブログの管理画面から直接「 どこでもJedit 」で文書作成画面を呼び出して、文書を作成し、終了と同時に管理画面へ文書を流し込めるようになるわけで、とっても重宝しそうです。

Rev.1.01 β (2010.02.19)

仕様改良
・オプションキーのダブルタップ(= 起動ショートカットキー)でも、どこでも Jedit で開いた書類を閉じられるようにした。
・環境設定でJedit X のウインドウフレームの最大/最小値を指定できるようにした。
・Dvorak キーボードでも動作するようにした。

バグ修正
・Jedit X を起動してウインドウを開くとき、複数の Jedit X が起動してしまうときがあるという不具合を解消した。
・Mail の引用部分をどこでも Jedit で編集したときに書き戻せないというバグを修正した。
・Leopard のときにヘルプボタンを押しても日本語ヘルプが表示されないというバグを修正した。


RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す