『ボルト』

ディズニー映画『 ボルト 』を見ました。じつは正直見るつもりはなかったんです。予告編を見て、ちょっとつまらなさそうと感じていたから‥‥ でも、見たひとの感想なんかを聞くと傑作だという感想が多いので、それじゃ、よし見てみようとブルーレイを借りて見てみました。

あらすじ

アメリカで人気のテレビショーに出演中のスター犬、ボルト。ある日、ハリウッドのスタジオからニューヨークに運ばれる途中、迷子になってしまった彼は、アメリカ横断の旅を余儀なくされる。しかしテレビショーの中で発揮する、数々のスーパーパワーを自分のものだと信じて疑わないボルトは……。




いきなり MARVEL バリの悪ノリでスーパードッグに改造されたボルトのハラハラドキドキなアクションシーンは、息もつかせぬほどで展開していき、単純に見てて痛快でした。あっという間に敵を次から次へと倒してゆき、最後はスーパーボイスを使って一網打尽に‥‥ おおー! なんだこの映画は!! これからの展開はどうなる‥‥ って思ったら、

なんと、それはドラマのなかの世界でした。

スーパードッグに改造されたという設定で、ドラマのなかで展開していくアクションシーンだったのです。しかし、肝心のボルトはその設定を信じ切っていて、自分がスーパードッグだと思い込んでいるから、話はややこしくなります。

大切な”俺の人間”であるベニーがさらわれたと勘違いしたボルトは、ベニーを追おうとして、スタジオの外へと飛び出してしまった。初めてスタジオの外に出たボルトは、自慢の力をはっきすることができず、外の世界に驚き、戸惑う。

それでもペニーの元へと駆けつけようとするボルトは、その旅の途中に普通の犬であることを知らされてゆく‥‥


非常に楽しい映画でした。今回は日本語吹き替えで見たのですが、異常にはまったのがライノで、キャイーンの天野がマッチしていて、超ポジティブなテンションがめちゃくちゃ笑えるんです。

ボルトの勘違いっぷりが見てて痛々しく思えるようなシーンでも、ドラマのなかのボルトにゾッコンなライノの反応で見事に癒されるし、諦めかけたことすら、ライノのおかげで力をもらえる。映画『ボルト』はボルトが主役なのだけど、ライノは相当存在感が大きいです(笑) ライノのスピンオフな映画もあったら楽しいかもって思えるほどでした。

そうそう、個人的なツボはマネージャーでしたね(笑)




RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

『ボルト』” へのコメントが 5 点あります

  1. ピンバック: masalaの辛口映画館

  2. ピンバック: Akira's VOICE

  3. ピンバック: ともやの映画大好きっ!

  4. ピンバック: ★YUKAの気ままな有閑日記★

  5. ピンバック: 映画鑑賞★日記・・・

コメントを残す