任天堂、DSの後継機種を来年3月に発売!

任天堂は ニンテンドーDS の後継機種として、2011年3月に ニンテンドー3DS を発売することを発表しました。ニンテンドー3DS は、3Dメガネをかけることなく、3Dを裸眼で楽しむことができるそうです。

また、ニンテンドーDS との互換性もあるということです。
詳細は 6月15日 に行われる E3 ( アメリカのゲームショー ) で行うそうです。

裸眼で 3D を見られるっていうことですが、もし富士フィルムが発売している写真を裸眼で3Dで見る 3Dビューワー FinePix REAL 3D V1 と同じ仕組なら 3D の映像を10分も凝視出来ないし、画面に対して直角に見ないと 3D 効果は期待できないし‥‥ どういう仕組にするんだろう???

どういう仕組になるにせよ、3D にするということは右用の映像と左用の映像を交互に表示させていくことになるので、かなり映像的にハイスペックな仕様になると思うので、2Dゲームにしてもハイビジョン画質なものもできるかも。楽しみですね。

プレスリリース ( リンク先 PDF )

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す