総務省、SIMロック解除を要請へ

読売新聞の記事によると、総務省は NTTドコモ をはじめとする各携帯電話会社に対し、通信契約をした携帯電話会社経由でしか携帯端末を使えないようにしている SIMロック を解除するように求める方針を固めたそうです。

読売新聞 携帯端末、全社対応型に…総務省が制限解除要請へ

 総務省は27日、携帯電話端末を、通信契約した携帯電話会社経由でしか使えないようにしている「SIMロック」について、解除するよう携帯電話会社に求める方針を固めた。

 2010年末から発売される次世代携帯電話の端末を対象とし、法制化による義務付けも検討する。利用者が、端末と携帯電話会社を自由に組み合わせて選べるようになる見通しだ。


必ずしも SIMロック を解除することがベストだとは思えませんが、よく話題として出てくる SMS と電話だけができる安価な携帯電話の登場や、海外メーカー製の端末が使用できるようになるだろうなどベターなことも多いと思います。

ただ、おサイフケータイやケータイアプリなどある程度統一したフォーマットであってもキャリア間での差異はあります。これらサービスが、SIMロック 時代でも滞りなく使えるようにしてもらわないと困ります。

とくにおサイフケータイは、端末変更が異常に面倒くさいので、おサイフケータイ機能も SIMカード 同様に端末から端末へ入れ替えるだけでいいような仕組みづくりをしてもらいたいですね。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す