『カンチガイもハナハダしい私の人生』KAN

カンチガイもハナハダしい私の人生(DVD付)
KAN
B00317COKI



KANのフルアルバム『 カンチガイもハナハダしい私の人生 』は、3年以上ぶりってことだったので気負ってるかなぁと思ったら、先行してたシングル「 よければ一緒に 」の雰囲気からわかるように、らしさが自然と出てて KAN の歌の気持よさに酔ってしまうそんなじっくりと聞きたいアルバムになってました。

1曲目はいきなり笑いました。Perfume バリのテクノポップって(笑) こんな遊びは、モノマネ好きな、とても KAN らしいって思いました。

次の曲が「 小学3年生 」で、これもちょっと遊び気味だったので、今回はこの路線か?って思ったら、「 ピーナッツ 」「 バイバイバイ 」でしっとりと聞かせてくれて「 青春の風 」「 ordinary days 」とスッゴく気持よくさせてもらいました。

そしたら「 オー・ルヴォワール・パリ 」(笑) いやー、いい意味で息抜きをさせてもらって、「 よければ一緒に 」へと続いて、スッと耳に心地良く聞かせてもらえます。

そして、このアルバムのなかでも iTunes Store では買えないと話題になっていたアルバム9曲目の ASKA と一緒に作った「 予定どおりに偶然に with ASKA 」が最後に待ってます。ASKA と KAN の個性が見事にぶつかっていて、聞きにくくなるかなぁと思ったら、KAN が自分の色を出しつつも見事に調和してくる。ASKA はまんまな感じですけども、ASKA は他の色に染まってほしくない(笑)

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す