AQUOSブルーレイがBDXLに対応!

シャープは、発売を予定していた ブルーレイレコーダー BD-HDW700 と BD-HDW70 が Blu-ray Disc の新規格となる BDXL に対応すると発表。100GB ディスクを使えば、DR モードの画質でも地デジ番組を約12時間録れるのでドラマ1クールを問題なく録れますね。

BDXL 対応ディスクドライブ」をAQUOSブルーレイに搭載

シャープは、ブルーレイディスク(BD)の新規格「BDXL」に対応したディスクドライブを搭載し、世界で初めて※13層式/4層式BDの録画・再生を実現したBDレコーダー「AQUOSブルーレイ」<BD-HDW700><BD-HDW70>を、7月30日から発売します。


R-LiFE : 128GBまで記録できるBD、BDXLを発表!


BDXL ( High Capacity Recordable and Rewritable discs ) は主に放送業務に携わる市場向けに投入を想定されていたんですが、日本はコンシュマー向けの展開はもともと検討されていたとはいえ、シャープの動きの速さにはびっくりです。

BDXL 100GB ( 3層 ) は -R / -RE の2種類、BDXL 128GB ( 4層 ) は -R の1種類となります。-R は追記型、-RE は書換型となります。今回、シャープは BDXL -R 100GB を 実売約5000円 で同時発売するそうです。BD-RE 50GB が、最初 7000円 していたことを思えば、ずいぶんと安いスタートです。

来年あたりのブルーレイレコーダーは 3D が主流というよりも、この BDXL が主流となって動いていくことは間違いないと思います。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す