読売新聞「iPhone、感染したら勝手に電話」

読売新聞の記事 「 iPhone、ウイルス感染で勝手に電話の恐れ 」だけを読むと、iOS をアップデートすりゃとりあえずは問題ないのに煽ってるなぁっていう気になりました。記事にあるセキュリティー会社の LAC というところが煽ってるのかとさえ思ってしまいます。

 高機能端末「iPhone(アイフォーン)」や「iPad(アイパッド)」でインターネットの一部サイトを見ると、コンピューターウイルスに感染し、何者かに勝手に電話をかけられたり、端末内のデータを見られたりする恐れがあることが分かった。

 搭載している基本ソフトウエア「iOS」に問題があったためで、セキュリティー会社などは注意を呼び掛けている。

 ネットセキュリティー会社「ラック」(東京)によると、iPhoneなどで海外のあるサイトを閲覧するとウイルスに感染。感染したiPhoneは、第三者のパソコンで自由に操られ、勝手に電話をかけられたり、保存している写真やメールを見られたりするという。同社では、「サイトを見るだけで情報が抜き取られるウイルスは普通のパソコンでもあったが、通話機能などのあるiPhoneの場合、通話内容を盗聴されるなど、よりプライバシーの高い情報が奪われる可能性がある」としている。


セキュリティー会社 LAC のサイトに記事の内容を確かめようとして見てみると、確かに「 <注意喚起>アップル社製iPhoneやiPadの脆弱性を悪用した攻撃の可能性に関して 」というリリースを出して注意喚起をしています。

でもね。

この注意喚起のリリースをよく読めば、ちゃんとアップデートなど対処方法まできちんと書いてあるわけなんですよね。

確かに脆弱性をそのままにしておけば記事にあるような問題になる可能性はあると思いますけど、LAC 側は対処方法を記載しているのだから読売新聞は危険を煽るだけじゃなくてアップデートすることでこの件に関しては回避できるなどの内容も記事として書くほうがいいように思うけどなぁ。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す