Jedit X Rev.2.26 アップデート

アートマン弐壱 が、Mac OS X 用テキストエディタ Jedit X の最新版「 Jedit X Rev.2.26 」の配布を開始していました。Rev.2.26 では7つの仕様改良と1つのバグの修正がなされているようです。

Rev.2.26 (2010.09.13)

仕様改良
・検索/置換 を実行してスクロールが発生したときは検索結果がビューの中央に表示されるようにした。
・メニュー「編集不可/可にする」を実行したときは、編集済みフラッグが立つようにした(=保存メニューが実行できるようにした)。
・Jedit X が非選択状態になるときの挙動を改良した。
・マルチファイル検索リストのフォルダ項目の展開で、フォルダが先に選択されていなくても cmd+ダブルクリックで展開できるようにした。
・マルチファイル検索ドロワのファイルセットの項目を起動時にunicode順にソートするようにした。
・マルチファイル検索ドロワに、オプション「xxx MB超の書類は除外する」を追加した(ログなどの長大なファイルを無駄に検索しないようにするため)。
・AppleScript 実行中には日欧分離の動作は抑えるようにした。

バグ修正
・書類ウインドウのタブ領域にファイルエイリアスをドロップしたとき正しく開けないというバグを修正した。


RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す