McAfee、URL短縮サービスに参入!

米 McAfee も URL 短縮サービスに参入するそうです。サービス名は「 McAf.ee 」で、現在はベータ版っていうことです。この McAf.ee の最大のメリットは、McAfee が持っているデータベースを利用して、短縮するサイトの安全性を表示してくれることです。

ユーザが、短縮された URL のページにアクセスすると、サイトの上部に評価結果が表示されます。安全なら緑、疑わしいのは黄色、危険なのは赤というように3色で表示されます。疑わしいサイトや危険なサイトは、そのページがすぐに表示されないように工夫がしてあるようです。


McAf.ee – Create Secure Short URLs…Tuesday, September 21st, 2010 at 6:22

A pet project of mine for a couple of months now, McAfee’s secure-short URL service http://mcaf.ee went through a viral launch last week and has taken flight!
Leveraging McAfee Global Threat Intelligence, McAf.ee lets you create short url’s which are checked against our databases of known spammy, dangerous, malware hosting, bot control etc sites prior to being show.



ボクも URL 短縮サービスはよく利用します。この McAf.ee をデフォルトで利用したいと思いますが、Twitter クライアンなど利用するアプリなどやウェブサービスがこの McAf.ee に対応してもらってからになりそうです。

ちなみに、このアーティクルの 短縮URL は http://mcaf.ee/2a530 です。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す