シャープ、電子書籍配信サービス「GALAPAGOS」を発表

シャープが電子書籍リーダーと電子出版のサービスを提供するソリューション「 GALAPAGOS ( ガラパゴス ) 」を発表。12月からのサービス開始を目指すそうです。GALAPAGOS リーダーは 5.5インチ、もしくは 10.8インチ の2モデルを用意。Wi-Fi を装備し、定期購読の書籍は電源OFF時( スリープ時 )に自動的にコンテンツを DL できるそうです。


News Release 第1弾 電子ブックストアサービスを12月よりスタート


GALAPAGOS が最初に用意するコンテンツは約30000冊。朝日新聞、毎日新聞、日本経済新聞などの新聞を定期購読できるのが特徴だそうです。コンテンツはシャープが提唱する XMDF フォーマットの次世代版で主に配信をするようです ( ただし、端末は PDF 、ePUB 、HTML に対応する予定だそうです ※ HTML5 は不明。 ) 。

また、XMDF フォーマットを AQUOS やスマートフォンなどにも対応させて専用端末以外でも読める環境を整えていくそうです。



ページめくりのデモを見る限りではモッサリした感じはないようです。そういう点では合格点なのかなって思うんですが、正直、独自方式ってどうかな?って思います。もしシャープがこの事業を辞めたら、購入したコンテンツの運命は限られてしまう。できるだけプレーンでスタンダードなフォーマットで配信するべきだとは思うな。シャープが、この XDMF をオープンなものにし、普及すればいいかもしれないけどね‥‥

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す