Mac OS XのブラウザでWebp形式を表示するプラグイン

また Google の新画像フォーマット WebP のネタなんですけど、WebP 形式の画像をブラウザで表示することのできるプラグイン Weppy が公開されています。

リンク先から Weppy をダウンロードし、ディスクのルートにあるライブラリのなかにある Internet Plug-Ins ファルダに、Weppy.webplugin と Weppy.plugin を入れるだけです。



上の画像が下でも表示されてれば、それが WebP 形式の画像です!! ( ※注意 iPadのSafariだと挙動がおかしくなります。ゴメンナサイ!! )




ただ、気をつけないといけないのは HTML で画像を扱うのは

<img src=”画像.webp”>

ではなく

<object data=”画像.webp”>

としないと、ブラウザで表示することはできないようですので、webp 形式を取り扱うときは注意してくださいね。というか、やっぱブラウザ上で扱うにはまだ早いかも(^^;;;

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す