Amazon、お手軽電子書籍ラインナップ Kindle Singlesをスタート

米 Amazon は Kindle Store のコンテンツとして、いわゆる短編のような 30ページから90ページほどのコンテンツ Kindle Singles を展開していくということです。

Amazon によると、雑誌や書籍向けの原稿は 1万語 以下の場合も多く、この分量はアイデアなどをまとめて効果的に伝えるには最良のものだとしている。その受け皿として Kindle Singles を用意したということです。


電子出版が当たり前になりつつ国と、自分たちのエゴだけを押し付けてまったく消費者の利便性を考えない日本。どちらが本当の意味での読書家にとってより良い文化圏なのかを考えると答えが簡単すぎて悲しいね。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す