来春、NTTが光回線の値下げを検討

時事通信によると、NTT が来春にも光回線サービスの利用料の値下げを検討しているそうです。中身としては、基本料金で一定量まで利用ができ、そのあと使用料に応じて課金すうる従量制を導入することで、基本料金を安く設定できるという仕組みだそうです。

光回線料、大幅下げへ=ブロードバンドの普及促進―NTT

 NTTが、来年春にも光回線サービスの利用料を大幅に引き下げる方向で検討していることが29日、分かった。2015年までに全世帯にブロードバンド(高速大容量)回線を普及させることを目指している総務省の引き下げ要請に応える。
 NTTは現在、光回線サービスを機器利用料を含めて月額5460円(戸建てタイプ)の定額制で提供している。今回新たに、基本料で一定量まで利用でき、その後、使用量に応じて料金が加算される従量制を導入。基本料を安く設定することで、より加入しやすくしたい考えだ。


これからは、いまよりもっとネットレンタルなどで動画などの配信を多くし始める。ネットの利用がますます多くなっていくなかで、従量制というのはいかがなものなんだろう? NTT の考えていることはよくわからないなぁ。

まぁ、個人的には eo に加入しているので、そちらの価格が定額制で、いまよりも少し安くなれば十分にありがたいと感じるので NTT の動向をみてケイ・オプティコムがどう動くかが気になるところです。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す