Windows 7 SP1、2月23日一般公開開始

Microsoft は windows 7 と Windows Server 2008 R2 の SP1 ( Service pack 1 ) が完成したと発表。ボリュームライセンス、MSDN、TechNet 契約者には 2月17日、ダウンロードセンターや Windows Update は 2月23日 より公開するそうです。

次世代の仮想デスクトップを実現する「Windows Server(R) 2008 R2 Service Pack 1 日本語版」を 2 月 17 日(木)より順次提供開始
〜 発売以来全世界で3億ライセンスを販売した Windows(R) 7 向けの Service Pack 1 も開発完了 〜

 日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表執行役 社長:樋口 泰行)は、「Windows Server(R) 2008 R2 Service Pack 1 日本語版」(以下、Windows Server 2008 R2 SP1)を、2月17日(木)より順次提供開始することを発表します。Windows Server 2008 R2 SP1は、製品発売以降に公開された更新プログラムに加えて、仮想マシンから様々なデバイスに高度なグラフィックス画面さえもストレスなく転送する「RemoteFX(TM)」と、メモリを効率的に利用し仮想マシンの集約率を高める「Dynamic Memory」などの新機能を実装しています。また、製品出荷以来すでに全世界で3億ライセンスを販売している Windows(R) 7 向けに「Windows 7 Service Pack 1 日本語版」(以下、Windows 7 SP 1 ) の提供を、同じく2月17日(木)より順次開始します。


RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す