Google日本語入力 開発版がアップデート 1.1.690.101

Google の日本語入力システム Google 日本語入力 開発版 がアップデートしてました。Mac OS X 版のバージョンは GoogleJapaneseInput-1.1.690.101 となりました。Web から構築された辞書がアップデートされていたり、最変換に対応するなどしています。

Google 日本語入力の開発版をアップデートします。(1.1.690.10x)

[Google 日本語入力チームのソフトウェアエンジニア吉田仁から Google 日本語入力の開発版のアップデートについての寄稿をもらいました – 山崎]

共通の変更点と既知の不具合

・Web から構築された辞書をアップデートしました。
・リアルタイム変換機能がデフォルトで有効になりました。この機能を無効にするには、設定ダイアログのサジェスト設定で、「リアルタイム変換を有効にする」のチェックを外してください。
・「MS-IME」「ATOK」「ことえり」の各キーマップに、「再変換」が追加されています。キー設定を「カスタム」に変更している場合は、自動で設定されないことに注意してください。
・再変換で編集をはじめた文字列の編集をキャンセルすると、再変換前の文字列に戻らないことがあります。
・長い文章の再変換には、長い時間がかかることがあります。

Mac 版の変更点と既知の不具合

・今回、Mac版の証明書が変更されたため、起動時にキーチェーンから警告が出る場合があります。詳しくはヘルプページより、「Mac OS X で、「キーチェーンにアクセスする必要があります。」というダイアログが表示される。」をご覧ください。
・Ctrl-Backspace キーによる確定取り消し機能を追加しました。この機能は対応アプリケーションでみ動作します。
・再変換に対応しました。この機能は再変換は対応アプリケーションでみ動作します。
・単語登録がMac版でも利用できるようになりました。

Windows 版の変更点と既知の不具合

・再変換に対応しました。この機能は対応アプリケーションでのみ動作します。
・文字入力パレット・手書き文字認識をサポートしました。なお、現在の手書き文字認識にはテスト用のモデルデータが使用されているため、認識精度は制限されています。モデルデータの更新は次回以降のアップデートで行われる予定です。
・確定取り消し時に、Shift/Control/Alt の押し下げ状態がクリアされる問題を修正しました。
・一部のアプリケーションと Windows Vista/7 環境の組み合わせで、入力中の文字が表示されなくなる問題を修正しました。
・レジストリの HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layouts 以下に、本来とは異なるフォーマットのキーが存在する場合、Google 日本語入力のインストールに失敗する問題を修正しました。
・入力中の文字がサロゲートペア含む場合に、カーソルと候補ウィンドウの表示位置がずれる問題を修正しました。
・VK_PACKET を部分的にサポートしました。現時点での動作は、MS-IME と完全に同じではありません。

既に開発版をお使いの場合は自動的に更新されますので、そのままお待ちください。バージョン番号は次のように更新されます。

Windows 版: 1.1.626.100 → 1.1.690.100
Mac 版: 1.0.558.101 → 1.1.690.101
オープンソース版: 1.1.626.102 → 1.1.690.102


RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す