Apple、偽セキュリティに警告

Apple は Mac OS X をターゲットにした偽のセキュリティソフトの対処・駆除方法について公開し、それらを自動的に検知し駆除できるようにする機能を次期アップデートで近日中に提供予定であることを発表しました。

偽セキュリティソフトは MacDefender、MacProtector、MacSecurity などの名称で出回っているようです。これらのソフトはウイルスに感染しているとウソの警告を表示し、解決にはソフトを購入する必要があるとしてクレジットカードの情報を入力させようとするそうです。

気をつけて下さいませ。

How to avoid or remove Mac Defender malware
Last Modified: May 24, 2011
Article: HT4650

Summary
A recent phishing scam has targeted Mac users by redirecting them from legitimate websites to fake websites which tell them that their computer is infected with a virus. The user is then offered Mac Defender “anti-virus” software to solve the issue.

This “anti-virus” software is malware (i.e. malicious software). Its ultimate goal is to get the user’s credit card information which may be used for fraudulent purposes.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください