Google日本語入力 開発版がアップデート 1.1.758.101

Google の日本語入力システム Google 日本語入力 開発版 がアップデートしてました。Mac OS X 版のバージョンは GoogleJapaneseInput-1.1.758.101 となりました。

変換速度が 30% ほど高速になり、短い単位ので入力の変換精度も上がっているそうです。個人的には長文の一括変換ではなく、細かく変換をするほうなので、相当嬉しいアップデートのポイントですね!!

Google 日本語入力の開発版をアップデートしました。(1.1.758.10x)
Posted by 山崎富美 / Developer Relations Team

[Google 日本語入力チームのソフトウェアエンジニア野中成吾から、Google 日本語入力のアップデートについての寄稿をもらいました – 山崎]

さて、本日 Google 日本語入力の開発版をアップデートしましたのでお知らせします。今回の更新は以下のとおりです。

共通の変更点

変換性能の向上を行いました。
・変換速度を 30%程度高速化しました。
・短い単位の入力でも変換精度が向上しました。
・固定表現に対する変換精度が向上しました。
・サジェスト候補と、変換した際の候補が異なる現象を軽減しました。
・「もしかして」機能の精度を向上させ、誤字がサジェストされる現象を軽減しました。
・英単語の候補がサジェストされやすくなりました。
 例: ぐーぐ → Google
・助詞から文字入力する場合の操作性を向上させました。
 例: 名詞の後に「にかく」を入力すると「二画」と「に書く」の両方が候補に出ます。
・アンドゥ機能の挙動が改善されました。

新機能の追加をしました。
・ユニコードのコードポイントから実際の文字に変換する機能を追加しました。
 例: U+611B → 愛 (注:現在は日本語のみの変換が行えます。)
・時刻変換機能に「30分」を「半」とする候補を追加しました。
 例:12 時 30 分に「今」を変換すると「12時半」が候補に表れます。
・4桁の数字を対応する時刻や日付に変換する機能を追加しました。
 例:1230 → 12月30日、12時半、などの変換ができます。
・辞書ツールで複数エントリを一括して修正できる機能を追加しました。
サジェストにのみ使用する単語をユーザー辞書より設定できるようになりました。
・辞書登録ダイアログで、単語を入力すると自動的に読みを推測する機能を追加しました。
・「もしかして」機能、郵便番号辞書、カタカナ英語辞書の有効/無効を選択できるようになりました。


既知の不具合

・西暦から年号への変換が、一部正しく行われないことがあります。この問題は次回更新で修正されます。


Windows 版の変更点

・入力中の文字が複数の行にまたがるとき、サジェストウィンドウが入力中の文章を隠さないようにしました。
・Windows 7 のジャンプリスト機能に対応しました。Google 日本語入力のプロパティや辞書ツールがタスクバーに表示されているときに、ジャンプリストから他の機能を呼び出すことができます。


Mac 版の変更点

・確定履歴のデータの保護について、キーチェーンの利用を廃止しました。このため、既存の確定履歴からのサジェストが失われます。データを復帰させたい場合は、「アプリケーション>Google 日本語入力」フォルダ内の「確定履歴データの移行ツール」を利用してください。


既に開発版をお使いの場合は自動的に更新されますので、そのままお待ちください。バージョン番号は次のように更新されます。オープンソース版は近日中に公開されます。

Windows 版: 1.1.717.100 → 1.1.758.100
Mac 版: 1.1.717.101 → 1.1.758.101
オープンソース版: 1.1.717.102 → 1.1.758.102


RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す