『エクスペンダブルズ』

最大の見せ場は偵察に島に訪れた主役二人が脱出する際に見せた「死の飛行」。この映画のなかで1番スカーッ!とするシーンですね。ジェイソン・ステイサムが飛行機の先端部に出てきて何をするんだ? ん? ワクワクって思ってたら、ガガッ!ガガガガガガッ!ドカーン! (笑)

是非、このシーンは見て欲しいなぁって、ほとんど予告編で見れるけど(笑)



では、あらすじを。

傭兵軍団“エクスペンダブルズ”を率いるリーダーのバーニーは、ナイフの達人リーや、マーシャルアーツの天才ヤン、大型銃器のスペシャリストシーザーらと数々の危険な任務を遂行してきた。ある日、バーニーは謎の依頼人チャーチに、教会に呼び出される。依頼内容は、南米の島国ヴィレーナで圧政を敷いている独裁者の殺害だった…。




ツッコミどころ満載すぎるストーリーをいれて評価するなら、酷い点数を付けなきゃないんないんだろうけど、でも、この肉弾映画にはストーリーはオマケすぎると思うんですよね。要は、乗るか乗れないかの2択の映画。殴り合って、ドンパチやって、派手に爆発するのを見て、ハマれたらそれでいいんじゃないかなぁ。

もちろん、ボクはハマッた方(笑)



RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

『エクスペンダブルズ』” へのコメントが 1 点あります

  1. ピンバック: はらやんの映画徒然草

コメントを残す