Firefox 10.0 beta 配布開始

Mozilla Foundation は Firefox の次期メジャーバージョンとなる Firefox 10.0 の ベータ版 の公開を開始しました。Mac OS X 版、Windows 版、Linux 版向けが公開されています。また、法人ユーザ向けの延長サポート版も導入を予定しているようです。

この Firefox 最新ベータ版では、以下の変更が行われています。

・履歴を戻るまで [進む] ボタンを表示しないようにしました。
・WebGL のアンチエイリアスを実装しました。(Bug 615976)
・全画面での実行に対応した Web アプリケーションを開発できる フルスクリーン API を実装しました。
・CSS3 の 3D トランスフォームを実装しました。(Bug 505115)
・双方向テキストの分離を実現する HTML5 新要素 bdi を、CSS プロパティとともに実装しました。(Bug 613149、Bug 662288)
・Web 開発者向け新機能として、該当要素の強調表示や CSS スタイルの確認を行える調査ツールを追加しました。
・仕様との整合性を高めた IndexedDB API を実装しました。
・Mac で ATOK の確定アンドゥが使用できるようになりました。ただし、キーボードショートカットが変更されていると動作しない場合があります。(Bug 477291)
・Mac でブックマークを移動中にクラッシュする場合がある問題を修正しました。(Bug 681795)



RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す