SONY、家庭用有機EL事業から撤退?

読売新聞によると SONY は有機ELテレビの生産を終了し、業務用を除いて家庭用からは撤退するとのことです。今後は液晶テレビに集中し、製造、販売を行なっていくことのようですが‥‥

YOMIURI ONLINE 韓国勢に押され…ソニー、有機ELテレビ撤退

ソニーは、次世代薄型テレビの主力となるとみられている有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)テレビの生産を終了した。

業務用モニターの販売は続けるが、家庭向けは液晶テレビに集約する。一方、韓国メーカーは家庭向け大型有機ELテレビの販売を強化する。テレビ事業を巡る日本勢の苦境が鮮明になった。



これが本当であれば個人的には良い判断だと思います。有機ELは確かに発色がいいのでキレイに表示はできますけど、でも、焼きつけの問題や寿命もそれほど長くないってことを考えると解決するべき問題はまだまだたくさんある、、、というか、液晶は解決できているわけだから、あえて問題のある有機ELである必要もないだろうって思うし、正直、昔に比べメチャクチャ画質が落ちている液晶テレビでも問題ないというひとが多いわけなんだから、画質がキレイっていうだけの有機ELに、液晶と比べる必要はないですよね。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す