ソフトバンクモバイルが900MHz帯周波数をGET!

プラチナバンドと言われる 900MHz 帯の周波数の免許の割り当てについて、総務省はソフトバンクモバイルに対して割りあてる方針であるとことを発表しました。これを受けソフトバンクの孫正義氏は

「大変嬉しく思っている。同時に900MHz帯という電波をしっかりと活用する重責も感じている。引き続き、当社ネットワークの充実に邁進したい」

と、コメントしているそうです。

ソフトバンクモバイルが総務省に提出した計画では、この帯域を使ったサービスは 2012年7月 に開始をする予定となっており、割り当てられた一部を使って HSPA+ 方式の端末が利用できるということです。現在、利用できる予定の端末として iPhone 4 / 4S などとしているそうですが、詳しくは今後発表されると思います。

ソフトバンクモバイルの iPhone ユーザにとっては朗報ですね。今後、トラフィックの改善にもエリア改善にもつながることと思います。逆に、ソフトバンクモバイルは、いままでプラチナバンドを持っていないことを「つながらない」理由にしていましたが、それができなくなります。しっかりとしたネットワークを構築して、ユーザに還元して欲しいですね。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す