Safari 5.1.4 アップデート

Apple は ウェブブラウザー の Safari 5 をアップデートし、Safari 5.1.4 としました。ソフトウェアアップデートでアップデートできます。パフォーマンス、安定性、互換性などが向上しているとのことです。

Safari 5.1.4 には、以下の変更を含めて、パフォーマンス、安定性、互換性、およびセキュリティへの改善が含まれます:

・JavaScript のパフォーマンスを改善
・ネットワーク構成変更またはネットワーク接続一時停止後に検索フィールドに入力したときのレスポンスを改善
・Safari ウインドウを切り替えたときに Web ページが白く点滅する問題に対処
・USPS 送付ラベルおよび埋め込み PDF をプリントできない問題に対処
・Web ページから保存した PDF 内のリンクを保持
・ジェスチャによる拡大/縮小の使用後に Flash コンテンツの表示が不完全になる問題を修正
・HTML5 ビデオの視聴時に画面が暗くなる問題を修正
・機能拡張使用時の安定性、互換性、および起動時間を改善
・通常プラウズ時に設定された Cookie がプライベートブラウズ使用後に使用可能に
・「すべての Web サイトデータを削除」ボタンを押した後に一部のデータが残る問題を修正

このアップデートについて詳しくは、この Web サイトを参照してください:http://support.apple.com/kb/HT5142?viewlocale=ja_JP

このアップデートのセキュリティ内容について詳しくは、この Web サイトを参照してください:http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP


RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す