MacBookに挿入して使うプチストレージ? The Nifty MiniDrive


MacBook の SDカードスロット に挿し込んで増設のストレージっぽく利用する為の The Nifty MiniDrive が面白い。実際には The Nifty MiniDrive は、SDカードアダプタみたいな代物で、The Nifty MiniDrive に MicroSD を挿して、それを MacBook に挿すっていうコトだけなんですけど、これがオシャレな感じなんですよ。


MacBook Air 用、MacBook Pro 用と2種類用意するみたいなんですけど、残念ながら、この商品 Kickstarter ということになっていて、個人から投資を募って商品化しようっていう流れのものなんです。一口、30ドルっていうことで、投資によって商品化した際は The Nifty MiniDrive が1つもらえるっていう寸法になっているようです。日本からだとこういうのにのっかれないので、英語圏のサービスってことで、どこか不安だし、日本からも投資自体はできるようなんだけど、どっか代理店あたりが売ってくれないかなぁ。


MicroSD なら 64GB くらいまでなら手頃な価格で手に入るので、バックアップ用途にもいいし、ちょっとしたデータを保存しておくにも結構良い感じがするんですよねぇ。で、いずれ MicroSD の容量がもっと増えていけば、iTunes や iPhoto のデータなんかを入れておいてもいいかもしれないしねぇ。楽しみなソフトですけど、そのころは SSD あたりもグッと安くなってて、こういうニッチなガジェットは必要なかったりして(笑)

The Nifty MiniDrive by niftydrives — Kickstarter





RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

MacBookに挿入して使うプチストレージ? The Nifty MiniDrive” へのコメントが 3 点あります

  1. ”日本からだとこういうのにのっかれないので”ってどういう意味でしょうか?

  2. すいません、勘違いをしておりました。

    日本などを含め海外からの契約はできないと思ってましたが、
    よく読むと、

    Can people from outside the US pledge to projects?

    Yes! Anyone, anywhere (with a major credit card) can pledge to Kickstarter projects.

    ということで、できました。

    あと、kickstarterのサービス自体の日本からの利用に若干の不安があったため
    あのような言葉になりました。

    上記のことから
    「英語圏のサービスってことで、どこか不安だし、日本からも投資自体はできるようなんだけど、どっか代理店あたりが売ってくれないかなぁ」
    と、修正します。

  3. えーっと、契約できないと思ってるのに、
    利用に若干の不安があったためというのは矛盾してますな

    でも、そのとき感じたことなので
    矛盾はありますが、お許し下さい。。。

コメントを残す