東芝がHDDの故障を予知する技術を開発したそうです

東芝が HDD の故障を最大3ヶ月前に予知することのできる技術を開発したそうです。読み込み速度の変化やエラーの回数など43項目を調べて故障の可能性をはじき出すのだそうです。この技術の精度が高ければ高いほどデータを損失するリスクが減るわけで、これは東芝以外にも広く普及して欲しい技術ですよね。


PC故障、最大3カ月前に予知 東芝が新技術(朝日新聞)

東芝は、パソコンに内蔵されているハードディスクドライブ(HDD)の故障を最大3カ月前に予知する技術を開発した。166万台分の稼働データを分析し、故障するまでの経緯をパターン化。読み込み速度の変化やエラーの回数など43項目を調べて故障の可能性をはじき出す

 東芝は2008年から自社製のノートパソコンにHDDの動きを細かく記録するソフトを入れており、利用者の同意を得てデータを集めた。HDDは様々な情報を記録するパソコンの重要部分で、故障を予知できれば事前に修理に出したり、データを保存しておいたりできる。


まず13年度中に企業向けのサービスを開始し、将来的には個人向けにもサービスを開始するそうです。


個人的には大切なデータは、すでにクラウド側と Mac 側に置いてあり、さらにバックアップをTime Machineで取ってあるのでよほどのことがない限りデータの損失はないと思っているんだけど、こればかりは万全に万全を期しても良いと思っているので、このサービスが Mac でも提供してくれるなら、すぐに飛びついてしまいそうです。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す