Google日本語入力 開発版がアップデート 1.12.1599.101

Google の日本語入力システム Google 日本語入力 開発版 がアップデートしてました。OS X 版のバージョンは GoogleJapaneseInput-1.12.1599.101 となりました。

このバージョンでは、ローマ字入力モードにて日本語ではないと思われる文字列が入力された時に、ローマ字変換が行われる前の文字列を変換候補に表示する機能が追加されたということです。

少し気になるのが、12月のアップデートで辞書の同期機能が廃止されるということらしいです。これものすごく便利だったんですけど、なんでなんでしょうね。。。Google日本語入力はすでに無くてはならない存在にまでなってるんですけど、機能ダウンは残念です。


Google 日本語入力の開発版をアップデートしました。(1.12.1599.10x)
2013年11月11日月曜日 | 14:12
Labels: Mozc, 日本語入力
Posted by 山崎富美 Developer Relations Team

さて、Google 日本語入力開発版 (Win, Mac) をアップデートしたことをお知らせします。既に Google 日本語入力開発版をお使いの場合は自動的に更新されますので、そのままお待ちください。

主な変更点は以下のようになります。

共通の変更点
・ローマ字入力モードにて日本語でないと思われる文字列が入力された時に、ローマ字変換が行われる前の文字列を変換候補に表示する機能を追加しました。

・辞書を更新しました。

Windows 版の変更点
・Windows 7 以前の環境で、クラシックテーマを使用していると言語バーのアイコンが正しく表示されないことがある問題を修正しました。
・Windows 8 以降の環境で、タスクバーに表示された Google 日本語入力のアイコンをクリックしても IME のオンオフ状態が切り替わらない問題を修正しました。
・Windows 8 以降の環境で、MS-IME からの辞書のインポートが機能しない問題を修正しました。
・Windows 8 以降の環境で、Internet Explorer がフォーカスされているとき、タスクバーのメニューや言語バーのメニューからツール類が起動できない問題を修正しました。
保護モードを有効化した状態の Adobe Reader と Adobe Flash をサポートしました。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す