iOSの標準地図アプリの利用率は30.1%とまずまずです :)

MMD研究所が、iPhone と Android の所有者に地図アプリの利用についてのアンケート調査をしたところ、iPhone の地図アプリ利用者がよく使う地図アプリは、Google Maps が 52.2% で、iOS 標準の Apple Maps は 30.1% だったそうです。


MMD研究所
iPhone所有者30.1%がApple Maps、Android所有者87.9%がGoogle Mapsを利用

これって逆に考えれば iOS の Apple Maps が、よくぞ 30% 台までのせてきたなぁって感じがしますね。あれだけボロクソに言われ、Apple 自身が他の地図アプリを紹介していた時代を思えば、30% のひとが Apple Maps を使っているっていうのは感激すら覚えます。‥‥ごめんなさい、ウソです。

ボク自身はカーナビ代わりに使うときは、ほとんど Apple Maps を利用します。かなり快適に使えています。で、街なかで店舗を探すときは Google Maps っていう感じで使い分けていますかね。それ以外にも MapFan+ や Yahoo!地図 も気分によって使ったりしますが‥‥(笑)

Apple Maps をナビとして使う場合、有料道路を使わないっていう設定も欲しいなぁって思いますな(^^;;;

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す