GmailとGoogleドライブ、添付ファイルの送信で連携

Google は Gmail の新機能として、Gmail の添付ファイルとして Googleドライブ 内にあるファイルを選択した場合、実際にメールとしてデータが添付される形ではなく、受信したひとが Googleドライブ内にあるファイルをダウンロードしにいく形のサービスを開始しました。

メールの添付ファイルは、容量制限がプロバイダやメールサービスごとにあるので、1GB など、大きなファイルサイズのデータを添付して送ることはできなかったわけですが、この方法だと最大 10GB のファイルも送信できるんだそうです。

これって、Mac の メールクライアント Sparrow で実装していた機能のひとつですよね。Sparrow チームが Google に買収された成果がこういうところで出たんでしょうねぇ( 妄想 )。(笑) ちなみにこの機能は順次全アカウントで利用できるようになるそうです。まだ、この機能が使えていない場合はしばらく待っていてください。

Gmail and Drive – a new way to send files

Since Google Drive launched in April, millions of people have started using Drive to keep, create and share files. Starting today, it’s even easier to share with others: you can insert files from Drive directly into an email without leaving your Gmail.


Have you ever tried to attach a file to an email only to find out it’s too large to send? Now with Drive, you can insert files up to 10GB — 400 times larger than what you can send as a traditional attachment. Also, because you’re sending a file stored in the cloud, all your recipients will have access to the same, most-up-to-date version.


Dropbox を使って、ほかのメールサービスからでも同じようなことはできますけど、Google のサービス同士なら利用者は楽でしょうね。たぶん‥‥(^^;;

Google日本語入力 開発版がアップデート 1.7.1283.100

Google の日本語入力システム Google 日本語入力 開発版 がアップデートしてました。OS X 版のバージョンは GoogleJapaneseInput-1.7.1283.100 となりました。

このアップデートではサジェスト機能の候補の順序を改善したものとなっているようです。

Google 日本語入力の開発版をアップデートしました。(1.7.1282.101/1.7.1283.100)

さて、Google 日本語入力開発版 (Win, Mac) をアップデートしたことをお知らせします。既に Google 日本語入力開発版をお使いの場合は自動的に更新されますので、そのままお待ちください。

主な変更点は以下のようになります。

共通の変更点
・サジェスト候補の順序を改善しました。
・機種依存の絵文字に <機種依存文字> という注釈が表示されるようになりました。

Windows 版の変更点
・Windows 8 での動作を改善しました。


 ・TSF に対応していないアプリケーションでも、IMM32 再変換に対応しているアプリケーションであれば、再変換が行えるようになりました。
 ・TSF に対応していないアプリケーションでも、確定取り消しが行えるようになりました。
 ・英語キーボードの Alt + ~ を認識するようになりました。
 ・IME のオンオフ状態が言語バーの表示と一致しないことがある問題を修正しました。
 ・アップデート後に Google 日本語入力のアイコンがふたつ表示される問題を、自動で修復するようになりました。
 ・コマンドプロンプト等、独自に候補ウィンドウを表示するアプリケーションがクラッシュすることがある問題を修正しました。

既知の不具合
・Windows Vista 以降の環境で、アップデート時に、「変換エンジンプログラムの起動に失敗しました。新しい Google 日本語入力を利用するためにコンピュータを再起動してください。」と表示され、Google 日本語入力が使用できなくなることがあります。この問題は、使用中のアプリケーションを再起動することで解決します。
・Windows 8 環境でのその他の既知の不具合についてはプロダクト フォーラム内の特設スレッドをご覧ください。


Google日本語入力で変換した絵文字はTwitterなんかで使うとイイね

Google の日本語IM、Google 日本語入力 開発版 の最新版で絵文字が入力できるようになったので、Twitterで表示してみた。OS X 10.8 の Safari と Windows 8 の IE10 で、それぞれ表示させてみたけど、OS X 10.8 の Safari だとカラーなんだね。

OS X 10.8 / Safari


Windows 8 / IE 10


Twitter とかで会話するときにも気軽に「絵文字」が使えますね(^^ ただコレは機種依存の絵文字なので iPhone ではちゃんと表示されると思うんですけど、Android だとどうなんだろう? Android 2.x はダメだったと理解しているんだけど、それ以降のバージョンは未確認です。

‥‥ って、まぁ‥‥このエントリーはそれだけなんですが(^^;;;;

Google日本語入力 開発版がアップデート 1.7.1275.101

Google の日本語入力システム Google 日本語入力 開発版 がアップデートしてました。OS X 版のバージョンは GoogleJapaneseInput-1.7.1275.101 となりました。


このアップデートで機種依存絵文字変換ができるようになりました。Macで文章を書くときは Jedit を使っているんですけど、「つき」とタイプし変換をすると「絵文字の月」が表示されました。


残念ながら WordPress では表示されませんでした。表示する方法ってあるのかなぁ?

Google 日本語入力の開発版をアップデートしました。(1.7.1275.10x)

さて、Google 日本語入力開発版 (Win, Mac) をアップデートしたことをお知らせします。既に Google 日本語入力開発版をお使いの場合は自動的に更新されますので、そのままお待ちください。

主な変更点は以下のようになります。

共通の変更点
・機種依存絵文字変換ができるようになりました。「つき」や「かお」などを変換すると絵文字が変換候補に加わります。絵文字全種類をご覧になりたい場合は「えもじ」を変換してください。なお、お使いの環境によっては表示の関係上、変換しない設定がデフォルトになっています。ご利用になるにはプロパティの辞書タブから絵文字変換のチェックボックスをオンにしてください。


・リアルタイム変換によるサジェストの内容が、変換結果と一致しないことがある問題を軽減しました。
・ユーザー辞書を選択した場合に、単語を追加するボタンが押せなくなる場合がある問題が修正されました。

Windows 版の変更点
・Windows 8 での動作を改善しました。Windows ストアアプリで動作するようになっています。

Mac 版の変更点
・環境設定ウィンドウのタイトルが「Google 日本語入力 プロパティ」から「Google 日本語入力 環境設定」に修正されました。

既知の不具合
・Windows 8 環境で、以前から Google 日本語入力を使用していた場合、アップデート後に Google 日本語入力のアイコンがふたつ表示されることがあります。この問題は Google 日本語入力を一度アンインストールしてから、再度インストールしなおすことで解決します。
・Windows 8 環境で、「漢字キー」 (英語キーボードでの Alt + チルダ) が動作しません。Windows 8 環境で、英語キーボードをお使いの方は、Google 日本語入力安定版をお使いください。
・Windows 8 環境でのその他の既知の不具合についてはプロダクト フォーラム内の特設スレッドをご覧ください。
・機種依存絵文字の注釈が翻訳されていません。
・機種依存絵文字に [機種依存文字] と表示されません。

OS X V10.8.2 追加アップデート 2.0 配信開始

Apple は OS X Mountain Lion V10.8.2 の追加アップデート 2.0 の配信を開始しました。2012年から発売された Mac の問題を解決するアップデートとなっています。

OS X v10.8.2 追加アップデート 2.0

このアップデートでは、2012 Mac システムに影響を与えるキーチェーンの問題が解決されます。

このアップデートは 2012 年に投入されたすべての Mac システムに推奨されます。



iPhoneのバッテリーが異常に減るのはg.u.アプリの所為だった:2012/11/16時点

11月16日時点で、お手持ちの iPhone に g.u. ( ジーユー ) のアプリを入れておられる方は、設定にあるプライバシー > 位置情報サービス でオフに設定するか、アプリを削除したほうがいいでしょうね。

と、言いますのもボクの iPhone 5 が、ここんと異常にバッテリーを消費するのでホトホト困っておりました。11月に入ってから急だったので、なんだろ?って思いながらも忙しかったのもあり原因究明は後回しにしてました。

最初は au の電波の掴みが悪いのでその所為かと思っていたんですが、Wi-Fi 接続時でも異常な減り方だったので電波ではないと判断。

じゃあ、iOS 6.0.1 かなぁと思ったんだけど、とりあえずバッテリーの持ちを良くするための手段をいろいろと講じているときに、位置情報サービスの設定のところで、g.u. だけ矢印アイコンが紫になっているのを確認した時点で、コレだ!って思いました。


案の定、g.u. アプリの位置情報サービスをオフにすると、バッテリーの減りが従来の減り方へと戻り、半日も持たなかったバッテリーが1日くらいは持つように改善しました。

iTunes Store を見ると g.u. 側も問題を認識しているようで、そのうちアップデートされるとは思いますが、とりあえず改善されるまでは位置情報サービスをオフするか、アプリを削除してださいませ。


11月28日時点

g.u.アプリはアップデートし、上記問題は解消されたようです。





ホント、困ったもんだよ。


『ONE PIECE総集編 19TH LOG ”MARINEFORD”』

ONE PIECE 総集編 THE 19TH LOG (ONE PIECE 総集編)
尾田 栄一郎
4081110549

漫画ワンピースの総集編『 ONE PIECE総集編 THE 19TH LOG ”MARINEFORD” 』です。ついにマリンフォードでの頂上決戦です。グラグラの実の白ひげの暴れっぷり、そしてオヤジっぷりに泣けてきます。

全編戦争!っていうワンピース史上最大の見せ場がこのマリンフォード編なワケですが、1ページたりとも見逃せないものとなってます。そして、ルフィのポテンシャル”覇王色の覇気”を世界に見せしめた巻でもあります。この巻の面白さは半端ないですね。

さて、ログの次号 20th LOG “ACE” は 12月14日 です!!! ドーン!!!!

『ONE PIECE (68)』尾田栄一郎

ONE PIECE 68 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
4088705319

ワンピースの最新刊。68巻でございます。正直、キャラがごちゃついていて読むのが大変なワケなので、ちょいと気合入れて読んでくださいましね。で、しかもトラファルガー・ローの活躍を期待できると思ったら‥‥

すぐに負け(笑)

な〜に〜やっちまったなぁ〜(古ww )って感じで期待した分ガッカリなローさんでした。パンクハザード編は前回も書きましたがちょっと悪ふざけが多いかもしれない。ダレて面白くなくなる前に、ササッとマスターをやっつけちゃってくださいよ。次回以降に期待です!!

でも面白かったけど(笑)

Pixelmator 2.1.3 アップデート

Pixelmator Team の Mac OS X 専用画像処理ソフトの Pixelmator がアップデートし Pixelmator 2.1.3 となりました。Pixelmator 2.1.3 は sRGB や ColorSync がフルサポートされるなどの機能が追加され、数多くの問題が修正されているようです。


Pixelmator 2.1.3 (Released on November 8, 2012)

New Features

• Soft Proofing
• Full sRGB support
• Full ColorSync support
• New Color Management dialog look
• Italian and Spanish languages added

Color Management Improvements

• Improved color profile conversion
• Improved color management for document window by a specific display color profile
• Improved color management for text and shape layers
• Improved color management for tool icons, layer and effect thumbnails
• Improved gradient preset color handling when changing color profiles
• Improved color profile handling for color well
• Improved color profile handling for sliced image preview
• Improved color conversion when using the undo action

More Improvements

• Enhanced PSD file format support
• Improved and updated Automator actions
• The selection is restored when the document is closed and re-opened
• Rulers and Grid settings are saved for each document individually
• All of the tool settings are restored when closing and re-opening the application
• Gamma, Swipe, Box Blur, and Vibrance effects added
• Improved Hue and Saturation performance
• Added the ability to quickly reset default colors with the D keyboard shortcut when any of the tools is active
• Added the ability to change quickly between the primary and secondary colors with the X keyboard shortcut when any of the tools is active
• Added the ability to reset brush collections by pressing the Option key while in the brush preset Action pop-up menu
• Added the ability to reset gradient presets by pressing the Option key while in the gradient Action pop-up menu
• Color well displays colors consistently throughout all tools
• Updated document window checkerboard for Retina display
• Localization improvements
Other Issues

• Addresses a situation where the file name was displayed incorrectly when exporting files
• Addresses an issue where load selection did not work with shape layers
• Addresses a situation that prevented selection from loading on more than one layer
• Resolves an issue that caused layer to be deselected when loading a selection onto a layer
• Addresses a situation where Auto Select did not select layers
• Addresses the inability to enter values in the Layers palette
• Addresses an issue where the Preserve Transparency menu was selectable for the text and shape layers
• Resolves an issue that prevented the Tools palette from keeping the active tool intact
• Addresses an issue where was an ability to select healing areas with the Healing Tool when shape, text, layer group, or no layers were selected
• Addresses a situation where the Clone Stamp Tool performed incorrectly
• Resolves an issue that caused flickering when resizing image layers
• Resolves an issue that caused the Transform Tool to flip shapes and images when not intended
• Resolves an issue that caused the relative spacing guides to display information incorrectly while the text layer is being transformed
• Resolves an issue that caused the guide pointer to appear incorrectly when the Place a Guide dialog is visible
• Addresses an issue where Constrain Proportions worked with the slice’s middle control points incorrectly
• Addresses an issue where Constrain Proportions worked when the text layer’s middle control points incorrectly
• Resolves an issue that caused Move Tool handles to appear incorrectly when dragging files on the document window
• Resolves an issue that caused Move Tool handles to appear incorrectly when all layers are selected in the Layers palette
• Resolves an issue where click on canvas with the Move Tool was treated as a move action
• Addresses an issue that prevented the Crop Tool selection rectangle from being rotated when the application is inactive
• Resolves an issue that caused the Crop button for the Crop Tool to be inactive in some cases in the Tool Options bar
• Resolves an issue that caused the Tool Options bar to be visible when switching to other document windows
• Resolves a problem that caused the Tool Options bar for the Type Tool to display information incorrectly
• Addresses an issue that caused the inactive Clear Slices menu when the Slice Tool is active
• Resolves an issue that caused action tooltips to appear incorrectly
• Addresses a situation that prevented deleting document presets from the New Document dialog
• Addresses a situation where the image size from Clipboard was used incorrectly in the New Document dialog
• Addresses a situation where presets were saved incorrectly after importing
• Resolves an issue that caused PXM files to open incorrectly from the New Layer dialog
• Resolves an issue that caused the Welcome Screen to appear when image size presets are imported
• Resolves an issue that caused the application to quit unexpectedly when JPEG files are dragged to the document window from the Finder
• Resolves an issue that caused the application to quit unexpectedly when closing two untitled documents


SONY系アーティストの楽曲がついにiTuensで買えちゃえます!


ついに iTunes Store で SME ( ソニー・ミュージックエンターテイメント ) の楽曲が買えるようになりました。ユニコーン、ラルクアンシエル、いきものがかり、西野カナなどなど、まったく問題なく買えちゃいます。これは誰にとっても嬉しいことなんじゃないかなぁーと思いつつも、道のりの長さにようやくって感じはしますね。もっと早くやってればもっとたくさん売れた曲はあっただろうに‥‥ とも。

まぁ、でもとにかくありがたいです。そして、小室哲哉氏の喜びの声を紹介して、そして感謝します。

SONY MUSICのアーティストの皆さん!小室もときどき、お役に立てる事ありますよー。RT RT、で楽しみにしている方に教えてあげてください。あとWEB NEWSのかたひろってくださいね。それではavexに僕は戻りまーす。
@Tetsuya_Komuro
Tetsuya Komuro