Google日本語入力 for Android アップデート 1.4.1019.3

Google は Android OS 向けの Google日本語入力 をアップデートし、バージョン 1.4.1019.3 としました。対応 OS は Android 2.1 以降となっています。起動がさらに高速なり、インストールサイズが 12.5MB とコンパクトになりました。これはありがたいですね。最新のモデルならいざしらず、Android 2.1 のころの端末はディスク容量が少ないですからね。

Android 版 Google 日本語入力をアップデートしました。(1.4.1019.3)

さて、本日、Android 版 Google 日本語入力をアップデートしたことをお知らせします。既に Google 日本語入力をお使いの場合は通知バーに通知が出ますので、指示に従いアップデートしていただくようお願いします。Google Play にて Google 日本語入力の自動更新を有効にしている場合は、自動で更新されます。

主な変更点は以下のようになります。

・インストールサイズが 6.6 MB 減少しました(19.1 MB から 12.5 MB)。
・辞書を更新しました。
・予測変換の候補の表示順を改善し、入力した読みに対応する候補が優先されない傾向を抑制しました。
・起動時間を短縮しました。
・ケータイ配列でひらがなを入力しているときに、そのキーに対応する数字も候補に表示するようにしました。
例)「あかあか」で「1212」が候補に表示されます。
・ひらがなモード時にも半角スペースを入力することができるようになりました。
・フリック入力時にフリック操作で濁点、半濁点、小文字の入力ができるようになりました。


Google Drive、ついに正式発表!

Google はオンラインストレージサービス Google Drive を発表。無料で 5GB が利用でき、有料プランを利用すれば最大 16TB まで拡大することができます! って 16TB て何事よ!(笑) すでに Google Drive の API も公開されているとのことですので、DropBox 同様に対応するアプリはたくさん出てきそうです。

また、Google Drive は Mac OS X の Time Machine のようなもの機能があるそうで、すべての変更が保存されていて、30日以内であれば過去のファイルに遡ることができるそうです。これは便利ですよね。

Google Drive は Windows と Mac、iPhone and iPad (coming soon)、Android 搭載端末で利用ができるそうです。残念ながら、まだサービスそのものも準備中で、iOS 版のアプリもまだ配布が始まっていないようですが、すぐに出てきそうですし、楽しみですね。




・無料で5GBまでの利用が可能
・月額2.49ドル(約200円)で25GBプランにアップグレード可能
・月額4.99ドル(約370円)で100GBプランにアップグレード可能
・月額49.99ドル(約3700円)で1TBプランにアップグレード可能
・有料プランへアップグレードすると自動的にGmailの容量も25GBにアップグレード
・複数ユーザー間でドキュメントの編集・共有がリアルタイムで可能


Google日本語入力 開発版がアップデート 1.5.1053.101

Google の日本語入力システム Google 日本語入力 開発版 がアップデートしてました。Mac OS X 版のバージョンは GoogleJapaneseInput-1.5.1053.101 となりました。辞書を更新した他、漢数字の変換方法を変更したとのことです。

Google 日本語入力の開発版をアップデートしました。(1.5.1053.10x)

さて、Google 日本語入力開発版 (Win, Mac) をアップデートしたことをお知らせします。既に Google 日本語入力開発版をお使いの場合は自動的に更新されますので、そのままお待ちください。

主な変更点は以下のようになります。

共通の変更点

・Web から構築した辞書を更新しました。
・文字パレットの Unicode 領域で、各ブロック最後の文字が表示されない問題を修正しました。
・漢数字変換の方法を変更しました。この変更により例えば 123456 から 12 万 3456 が変換できるようになったり、12 の変換候補から壱拾弐が消えたりしています。


Google日本語入力 安定版がアップデート 1.4.1031.x

Google の日本語入力システム Google 日本語入力 安定版 がアップデートしてました。バージョンは GoogleJapaneseInput-1.4.1031.x となりました。動作の安定性を向上させ、慣用句の変換を強化するなどしているそうです。

Google 日本語入力の安定版をアップデートしました(1.4.1031.x)

さて、Google 日本語入力安定版をアップデートしました。既に Google 日本語入力安定版をお使いの場合は自動的に更新されますので、そのままお待ちください。主な変更点は以下の通りです。

共通の変更点
・動作の安定性を向上させました。
・Web から構築した辞書を更新しました。
・慣用句の変換を強化しました。
・「コマンド」機能が追加されました。「こまんど」と入力し、変換候補を選択することで、設定ツールを起動することなく、【シークレットモード】のオンオフ、および【プレゼンテーションモード】のオンオフを変更することができます。

Windows 版の変更点
・ログオン後に初めて Google 日本語入力を使用するときの待ち時間を短縮しました。

Mac 版の変更点
・ログイン後に初めて Google 日本語入力を使用するときの待ち時間を短縮できるようになりました。設定画面の「その他」タブから、「ログイン時に変換エンジンプログラムを起動する」を選択することで有効になります。
・言語一覧から、「手書き文字入力」と「文字パレット」を起動できるようになりました。


Google日本語入力 開発版がアップデート 1.4.1033.101

Google の日本語入力システム Google 日本語入力 開発版 がアップデートしてました。Mac OS X 版のバージョンは GoogleJapaneseInput-1.4.1033.101 となりました。不具合の修正のみのアップデートとなっているようです。

既知の不具合

・F10 などの英数字への変換で、元の入力文字列に戻らない問題があります。例えば “っt” を英数字に変換すると “tt” と入力していても、”xtut” が変換結果になってしまいます。
・文字パレット左側のツリービューの Unicode カテゴリ名が常に英語で表示されます。この問題は 1.4.1003.10x 以降のバージョンにのみ存在します。


Google日本語入力 開発版がアップデート 1.4.1026.101

Google の日本語入力システム Google 日本語入力 開発版 がアップデートしてました。Mac OS X 版のバージョンは GoogleJapaneseInput-1.4.1026.101 となりました。Webから構築した辞書が最新のものとなり、ログイン時に自動的に Google日本語入力の変換プロセス、表示プロセスを起動することで、ログイン後にはじめて日本語入力をするときに発生する遅延を解消できるとのことです。ただし、初期設定ではこの機能は OFF になっていますのでご注意を。

Google 日本語入力の開発版をアップデートしました。(1.4.1026.10x)
2012年3月22日木曜日 | 15:49


さて、Google 日本語入力開発版 (Win, Mac) をアップデートしたことをお知らせします。既に Google 日本語入力開発版をお使いの場合は自動的に更新されますので、そのままお待ちください。
主な変更点は以下のようになります。

共通の変更点
・Web から構築した辞書を更新しました。
・クラウド手書き入力使用時に、ネットワークエラーが表示されない問題を修正しました。
・Google 日本語入力のプロパティ画面で、「初期値に戻す」を選択したときに、クラウド同期機能が自動的に解除されるようになりました。


Windows 版の変更点
・Google 日本語入力がデフォルト IME に設定されているとき、ログオン時に自動的に変換用プロセスと表示用プロセスを起動するようになりました。これにより、ログオン後に初めて Google 日本語入力を使用するときの遅延が解消されます。
・Windows 7 環境で、Google 日本語入力のインストール時に表示されるダイアログボックスを「Google 日本語入力を既定の IME として設定する」にチェックを入れた状態で閉じると、長時間デスクトップが無反応になることがある問題を修正しました。
・Windows 8 Consumer Preview 上で Gooogle 日本語入力を使用しているときに、アプリケーションがクラッシュすることがある問題を修正しました。


Mac 版の変更点
・ログオン時に自動的に Google 日本語入力の変換用プロセスと表示用プロセスを起動できるようになりました。この機能を有効にするには、設定画面の「その他」タブから、「ログイン時に変換エンジンプログラムを起動する」を選択してください。これにより、ログイン後に初めて Google 日本語入力を使用するときの遅延が解消されます。
・言語一覧から、「手書き文字入力」と「文字パレット」を起動できるようになりました。


既知の不具合
・F10 などの英数字への変換で、元の入力文字列に戻らない問題があります。例えば “っt” を英数字に変換すると “tt” と入力していても、”xtut” が変換結果になってしまいます。
・文字パレット左側のツリービューの Unicode カテゴリ名が常に英語で表示されます。この問題は 1.4.1003.10x 以降のバージョンにのみ存在します。


Google日本語入力 開発版がアップデート 1.4.1003.101

Google の日本語入力システム Google 日本語入力 開発版 がアップデートしてました。Mac OS X 版のバージョンは GoogleJapaneseInput-1.4.1003.101 となりました。手書き文字認識がアップデートされて、クラウドモードが追加されていました。クラウドモードはサーバー上で手書き文字のデータを解析し、文字認識の制度を上げるというものだそうです。

Google 日本語入力の開発版をアップデートしました。(1.4.1003.10x)

さて、Google 日本語入力開発版 (Win, Mac) をアップデートしたことをお知らせします。既に Google 日本語入力開発版をお使いの場合は自動的に更新されますので、そのままお待ちください。

主な変更点は以下のようになります。

共通の変更点
・手書き文字認識にクラウドモードが追加されました。クラウドモードでは、サーバー上で手書きデータの解析を行うことで、文字認識の精度が向上します。
・「コマンド」機能が追加されました。「コマンド」と入力し、変換候補を選択することで、設定ツールを起動することなく、【シークレットモード】のオン・オフ、および【プレゼンテーションモード】のオン・オフを変更することができます。
・「秘密」「シークレット」「シークレットモード」「プライバシー」「プライベート」と入力することで、【シークレットモード】のオン・オフを変更することができます。
・「サジェスト」「予測」「予測入力」「予測変換」「プレゼンテーション」「プレゼン」と入力することで、【プレゼンテーションモード】のオン・オフを変更することができます。
・Web から構築した辞書を更新しました。
・慣用句の変換を強化しました。
・用例辞書の表示・非表示を選択できるようになりました。
「填」と「塡」や、「桧」と「檜」のように、同じ意味の字のように使われながら、異なる文字コードをもつ漢字について、なるべく両方の漢字を辞書に含めるようにしました。具体的には、拡張新字体・簡易慣用字体などに対し、対応する印刷標準字体や人名用漢字・常用漢字の字体を加えました。
・かな入力において、濁点を入力する前にサジェストを表示するようになりました。例えば、「にほんこ」(濁点入力前)の時点で「日本語」などがサジェストされるようになります。
・辞書ツールで、選択された登録単語を別の辞書に移動することが可能になりました。登録単語を選択し、右クリックから「この単語を移動」または「選択した単語を移動」を選択してください。
・キー設定に「キャンセル後 IME を無効化」コマンドを追加しました。このコマンドは、入力中の文章をキャンセルしつつ IME をオフにします。また、ATOK のデフォルト動作を再現するために、ATOK キーマップの「IME を無効化」を「キャンセル後 IME を無効化」に置き換えました。ATOK キーマップを元にキー設定を「カスタム」に変更している場合は自動で反映されませんので、ご注意ください。
・キー設定で独自に「空白を入力」「代替空白文字を入力」「半角空白を入力」「全角空白を入力」を割り当てたとき、各機能が動作しないことがある問題を修正しました。
・再変換をキャンセルしたときに、元の文字列に戻らないことがある問題を修正しました。
・特定の文字を含む単語を再変換したときに変換プロセスがクラッシュしていた問題を修正しました。

Windows 版の変更点
・Windows 環境で、異なるコンピューター間の同期機能を使用しているとき、設定の同期に失敗することがある問題を修正しました。
・従来のバージョンでは、ある変換候補を 0.5 秒以上選択していた場合のみ用例ウィンドウが表示されていましたが、バージョン 1.3.974.0 および 1.3.975.100 の変更で、用例ウィンドウがすぐに表示さてしまうようになっていた問題を修正しました。

既知の不具合
・ネットワークに接続が有効になっていない環境でクラウド手書き文字認識を使用しても、エラーメッセージが表示されません。
・入力途中の文字列に対し一時的にサジェストが表示されないことがあります。



Google日本語入力 安定版と開発版がアップデート

Google の日本語入力システム Google 日本語入力 の安定版と開発版がアップデートしてました。Mac OS X 版の安定版のバージョンは GoogleJapaneseInput-1.3.974.1 となっていまして、開発版のバージョンは GoogleJapaneseInput-1.3.975.101 となっています。

安定版は開発版の 1.3.911.10x / 1.3.930.10x をベースに配布をされているようです。また、開発版にある複数 PC 間で行える辞書の同期機能はサポートされていないとのことです。今回から正式版から安定版に名称が変わったのかな? いきなりだなぁ?www


Google 日本語入力の安定版をアップデートしました。(1.3.974.x)

さて、本日、Google 日本語入力安定版をアップデートしたことをお知らせします。既に Google 日本語入力安定版をお使いの場合は自動的に更新されますので、そのままお待ちください。
・Windows 版: 1.2.827.0 → 1.3.974.0
・Mac 版: 1.2.827.1→ 1.3.974.1


また、開発版オープンソース版も、以下のとおりに更新されます。
・Windows 版: 1.3.930.100 → 1.3.975.100
・Mac 版: 1.3.929.101 → 1.3.975.101
・オープンソース版: 1.3.930.102 → 1.3.975.102
・Android 版: 1.3.925.3 → 1.3.983.3


今回の安定版の更新には、開発版 1.3.911.10x での変更、開発版 1.3.930.10x での変更に加え、以下の変更が含まれます。

ただし、開発版で導入された同期機能は、今回の安定版ではまだサポートされておりません。(2/14追記)

共通の変更点
・「最初の予測候補を確定」 (MS-IME キー配列での Shift + Enter) を実行したときに、クラッシュすることがある問題を修正しました。
・文章を確定したあとにバックスペースで文字を削除したとき、確定取り消しが可能なままになっている問題を修正しました。
・キー設定の「文節を右に移動または確定」コマンドが廃止されました。


Windows 版の変更点
・一部のアプリケーションで用例が表示されない問題を修正しました。


Android 版の変更点
・特定の文字列を入力した時にプロセスがクラッシュしていた問題を修正しました。
・キーボード切り替えキーを同時押しした時にプロセスがクラッシュしていた問題を修正しました。
・学習履歴を正しく保存していなかった問題を修正しました。
・起動が高速になりました。
・キーボードの切り替えが高速になりました。
・メモリ使用量が減少しました。減少量は環境に依存します。


オープンソース版の変更点
・Visual C++ 2010 使用時に、mozc_tool をビルドできない問題を修正しました。(Issue 110)
・Windows 環境で、mozc_tool がクラッシュすることがある問題を修正しました。(Issue 111)
・IBus-Mozc 環境で、IME On/Off や、モード変更がうまくいかないことがある問題を修正しました。(Issue 113, Issue 114)
・Linux 環境で、キー設定ツールが「無変換」「変換」「半角/全角」キーを認識するようになりました。


Google日本語入力 for Android アップデート 1.3.983.3

Google は Android OS 向けの Google日本語入力 をアップデートし、バージョン 1.3.983.3 としました。対応 OS は Android 2.1 以降となっています。起動が高速なり、メモリーの使用量が減るなどしています。特にメモリーの使用量が減ったのは嬉しいことですね。

更新情報

このバージョンの新機能:

1. 特定の文字列を入力した時にプロセスがクラッシュしていた問題を修正しました。
2. キーボード切り替えキーを同時押しした時にプロセスがクラッシュしていた問題を修正しました。
3. 学習履歴を正しく保存していなかった問題を修正しました。
4. 起動が高速になりました。
5. キーボードの切り替えが高速になりました。
6. メモリー使用量が減少しました。減少量は環境に依存します。


Google日本語入力 開発版がアップデート 1.3.929.101

Google の日本語入力システム Google 日本語入力 開発版 がアップデートしてました。Mac OS X 版のバージョンは GoogleJapaneseInput-1.3.929.101 となりました。変換アルゴリズムの改善で約40%の高速化を行なったそうです。また、辞書内の候補を組み合わせた予測候補を表示するようにもなったそうです。

賢くなって頼れる存在になってきましたね > Google日本語入力


Google 日本語入力の開発版をアップデートしました。(1.3.929.101 / 1.3.930.10x)


さて、本日、 Google 日本語入力開発版 (Win, Mac, OSS) をアップデートしたことをお知らせします。既に Google 日本語入力開発版をお使いの場合は自動的に更新されますので、そのままお待ちください。

主な変更点は以下の様になります。

共通の変更点

・同期機能に関連する文言を分かりやすく修正しました。
・前回 (1.3.911.10x) の更新内容への追記:
 ・変換アルゴリズムの改善により、40% の高速化を行いました。
 ・辞書内の候補を組み合わせた予測候補も提示するようになりました。例として、「がっこうにいきま」と入力すると、辞書内の「学校」「に」「行き」「ました」を組み合わせた、「学校に行きました」が予測候補に表示されます。
 ・これらの改善は、今夏にインターンとして参加された方による成果です。


Windows 版の変更点

・候補選択に A – L キーを使用する設定のとき、CapsLock が有効になっていると、A – L キーで候補選択ができない問題を修正しました。
・いくつかのクラッシュ問題を修正しました。


Mac 版の変更点

・同期機能で認証コードがブラウザから自動でコピーされるようになりました。
・一部のソフトウェア上で日本語入力ができない問題に対処しました。


オープンソース版の変更点

・SCIM 環境でのメモリリークを修正しました。 (Issue 104)
・IBus 環境で、再変換を行う際に 1 度目のキー入力で再変換が行われない、という問題を修正しました。 (Issue 107)
・ソースコードのチェックアウトに失敗することがある問題を修正しました。 (Issue 109)
・IBus 環境で、対象アプリケーションが IBUS_CAP_SURROUNDING_TEXT をセットしているかの確認をするようになりました。


Google日本語入力にAndroid版が登場(まずはベータ版)

Google が Android 向けの Google日本語入力 の ベータ版の提供を開始しました。利用料は無料となっています。対応できる Andorid は Android 2.1 以上の端末となっていますが、タブレットやハードウェアキーなどによる入力はサポート外とのことです。



思いどおりの日本語入力をモバイルでも。Android 版 Google 日本語入力をリリース。

2011 年 12 月 15 日
Posted by Google 日本語入力チーム

本日、Android 版 Google 日本語入力 Beta をリリースしました。



このたび Google 日本語入力ファミリーへ Android 版を加えるにあたって、Android 搭載端末に適した入力方法を備えるだけでなく、デスクトップ版で人気の機能や語彙をなるべくそのままモバイルでも使えるように心がけました。例えば、モバイルで日本語を入力するときによく使われそうな語彙を中心に辞書の構築を行なうことで、メールを書く、地図を検索する、SNS に書き込みするといった、モバイルならではの使い方において、デスクトップ版譲りの強力な日本語入力が可能となっています。



正直、ビックリしています。ボクの使っている Android は HTC Aria という非力なもので、さらに Andorid 2.2 という OS となりますので、いまの最新鋭のものと比べても貧弱です。でも、この Google日本語入力 は結構快適に動くんですよ。いままで ATOK for Andorid を使っていたんですけども、これからはこっちを使うことになりそうです。

変換は確かに ATOK も賢いんですけど、Google日本語入力 の強みは最新の語彙が豊富なことがなによりもストレスを無くしてくれます。また、いまの Andoroid 版では利用できませんが、Mac 版などとの辞書同期なども今後は出来るのではないかと期待できるほど機能アップが素早いことも利用したいと思わせる要因になってますね。

まだベータ版ということで、じつはユーザ辞書の登録すらできない状況ではあるんですが、今後に期待ですね。‥‥って言っても、ボクは iPhone がメインなので、そこまで HTC Aria で入力はしないんですけどね(笑)


Google日本語入力 開発版と正式版がアップデート

Google の日本語入力システム Google 日本語入力 がアップデートしてました。Mac OS X 版のバージョンは開発版が GoogleJapaneseInput-1.2.829.101 となりました。正式版は GoogleJapaneseInput-1.2.825.1 となりました。正式版のアップデートは久しぶりですね。

変更点
・ローマ字入力に対するスペルコレクション機能が導入されました。入力履歴から適切な修正候補を提示します。
  例: 「よろしくお願いします」が入力履歴にある場合、「よろsくお」とミスタイプしても「よろしくお願いします」がサジェストされます。
・Web から構築された辞書をアップデートしました。
・郵便番号の変換結果に、郵便番号と住所両方を含む候補を追加しました。例えば「106-6101」を変換すると「106-6101 東京都港区六本木六本木ヒルズ森タワー」という候補が現れます。
・同音異義語の意味と用例が表示されるようになりました。

Mac 版の変更点
・キーマップのエクスポートに失敗する問題を修正しました。
・Lion 環境でローマ字テーブルのインポート時にツールが無反応になる問題を修正しました。
・iPhoto ‘11 上で英数キーやかなキーが動作しない問題に対処しました。


Google Walletがサービスイン!

Google はモバイル決済サービス Google Wallet を米国で開始するそうです。現在のところ、Google Wallet に対応しているのは Sprint Nexus S4G に限られるそうですが、今後販売される Andorid 端末では対応のものが増えると考えられます。

また、現在のところ Google Wallet で利用できるクレジットカードも Citi MasterCard と Googleプリペイドカードに限られているそうですが、将来的には Visa や American Express なども利用できるようになる予定だとかです。



Google日本語入力 開発版がアップデート 1.2.809.101

Google の日本語入力システム Google 日本語入力 開発版 がアップデートしてました。Mac OS X 版のバージョンは GoogleJapaneseInput-1.2.809.101 となりました。ローマ字で入力している際にスペルコレクション機能が使えるようになりました。タイプミスをしても入力履歴から適正な言葉を選んで候補として提示してくれる機能です。

入力履歴に「よろしくお願いします」があった場合、現在の入力で「よろsくお」とタイプミスをしても「よろしくお願いします <もしかして>」と修正候補を提示してくれるんですね。

これ、なにげに便利です!!!!

Google 日本語入力の開発版をアップデートします。(1.2.809.10x)

さて、本日、 Google 日本語入力開発版をアップデートしたことをお知らせします。主な変更点は以下の様になります。

共通の変更点
・ローマ字入力に対するスペルコレクション機能が導入されました。入力履歴から適切な修正候補を提示します。
  例: 「よろしくお願いします」が入力履歴にある場合、「よろsくお」とミスタイプしても「よろしくお願いします」がサジェストされます。
・ユーザー辞書をインポートするときに、コメントフィールドが正しく読み込まれないことがある問題を修正しました。
・確定取り消しが動作する条件を緩和しました。今まで確定取り消しができなかった一部状況でも確定を取り消すことができるようになっています。
・再変換や確定取り消し後に特定動作を行うと、変換エンジンが予期しない状態になる問題を修正しました。
・辞書ツールで検索が可能になりました。

Windows 版と Mac 版の変更点
・同音異義語の意味と用例が表示されるようになりました。

オープンソース版の変更点
・「Mozc について」のダイアログでアイコンが表示されない問題を修正しました。(Issue 35)
・SCIM と、かな入力の組み合わせで、「ぃ」が入力できない問題を修正しました。(Issue 88)
・–noqt オプション指定時にビルドできない問題を修正しました。(Issue 90)
・Mac OS X Lion 環境でビルドできない問題を修正しました。(Issue 91)
・ビルド時に libpng12 が要求される問題を修正しました。(Issue 95)
・gen_zip_code_seed.py の出力結果が期待されたフォーマットになっていない問題を修正しました。 (Issue 97)
・gcc 4.6 環境でビルドできない問題を修正しました。(Ubuntu Bug #811892)
・Windows 版のビルド方法を公開しました。


Google、Motorola Mobilityを買収合意

Google は モトローラ・モビリティ ( Motorola Mobility ) を約125億ドルで買収することで合意に至ったことを発表しました。元々、Motorola が業績不振だった携帯部門が切り離されて Motorola Mobility となっていたと思うので、Motorola 的には買収は願ったり叶ったりでしょうね。

Google はハードも自社で生産することの強みを活かしたいでしょうから、こちらも願ったり叶ったりでしょうね。ただし、現在のままの Android ではソフトとハードを活かした UI を構築できるかというと、そうは思えないので、ハードが自社生産出来るようになるからと言っても気は抜けないでしょうけどね。

Google to Acquire Motorola Mobility

Combination will Supercharge Android, Enhance Competition, and Offer Wonderful User Experiences

MOUNTAIN VIEW, CA and LIBERTYVILLE, IL – AUGUST 15, 2011 – Google Inc. (NASDAQ: GOOG) and Motorola Mobility Holdings, Inc. (NYSE: MMI) today announced that they have entered into a definitive agreement under which Google will acquire Motorola Mobility for $40.00 per share in cash, or a total of about $12.5 billion, a premium of 63% to the closing price of Motorola Mobility shares on Friday, August 12, 2011. The transaction was unanimously approved by the boards of directors of both companies.


Google日本語入力 開発版と正式版がアップデート

Google の日本語入力システム Google 日本語入力 がアップデートしてました。Mac OS X 版のバージョンは開発版が GoogleJapaneseInput-1.1.773.101 となりました。正式版は GoogleJapaneseInput-1.1.770.1 となりました。正式版のアップデートは久しぶりですね。

Google 日本語入力をアップデートしました

さて、本日 Google 日本語入力をアップデートしましたのでお知らせします。バージョン番号は以下のように更新されます。既に Google 日本語入力をお使いの場合は自動的に更新されますので、そのままお待ちください。
 Windows 版: 1.0.556.0 → 1.1.770.0
 Mac 版: 1.0.556.1 → 1.1.770.1
また、開発版とオープンソース版も、以下のとおりに更新されます。
 Windows 版: 1.1.758.100 → 1.1.773.100
 Mac 版: 1.1.758.101 → 1.1.773.101
 オープンソース版: 1.1.758.102 → 1.1.773.102

今回の更新は以下のとおりです。

Windows/Mac 版共通の変更点

変換機能

・リアルタイム変換機能を追加しました。これは入力中の文字の変換結果をサジェストウィンドウへリアルタイムに表示するもので、デフォルトでは有効となっています。無効にするには、設定ダイアログのサジェスト設定で、「リアルタイム変換を有効にする」のチェックを外してください。
・「再変換」と「確定取り消し」機能に対応しました。これに伴い、キー割り当てが可能なコマンドに「再変換」と「確定取り消し」が増えました。(対応アプリケーションでのみ動作)
・変換処理を高速化しました。前回の正式版バージョン 1.0.556.x と比較して 30% 程度速くなっています。
変換精度が向上しました。短い単位の入力や固定表現でより良い変換ができるようになっています。
・「もしかして」機能において誤字がサジェストされる現象を軽減しました。
・サジェスト候補と、変換した際の候補が異なる現象を軽減しました。
・英単語の候補がサジェストされやすくなりました。例: ぐーぐ → Google
・助詞から文字入力する場合の操作性を向上させました。
 例: 名詞の後に「にかく」を入力すると「二画」と「に書く」の両方が候補に出ます。
・入力できる記号を追加しました。
 例: 〼「ます」, 〽「うた」, ⁰「うえつき」, ₀「したつき」
・ユニコードのコードポイントから実際の文字に変換する機能を追加しました。
 例: U+611B → 愛 (現在は日本語のみの変換が行えます。)
・日付と時刻の変換機能に新しい候補を追加しました。下記の変換が可能となっています。
 月曜日に「きょう」を変換すると「月曜日」が候補に現れます。
 12 時 30 分に「いま」を変換すると「12時半」が候補に現れます。
 「1230」など 4 桁の数字を変換すると「12時30分」や「12時半」が候補に現れます。

辞書

・Web から構築された辞書をアップデートしました。「カーヴィーダンス」や「コクリコ坂から」など、新しく登場したものを中心に多くの単語が登録されています。
・辞書ツールを立ち上げることなく、単語登録が簡単に行える単語登録ダイアログを追加しました。また、キー割り当てが可能なコマンドに、「プロパティを起動」「辞書ツールを起動」「単語登録を起動」を追加しました。
・ユーザー辞書の品詞に、「抑制単語」、「サジェストのみ」、「短縮よみ」を追加しました。
 「抑制単語」として登録された単語は、変換候補に現れなくなります。
 「サジェストのみ」として登録された単語は、サジェストにのみ現れます。
 「短縮よみ」として登録された単語は、単独で入力されたときのみに候補に表示されます。例えば、「六本木ヒルズ森タワー」を読み「じゅうしょ」で単語登録した場合、入力文字が「じゅうしょ」だけの場合に変換すると「六本木ヒルズ森タワー」が変換候補に出てきます


・辞書ツールで複数エントリの品詞やコメントを一括して修正できる機能を追加しました。
・「もしかして」機能、郵便番号辞書、カタカナ英語辞書の有効/無効を選択できるようになりました。

文字パレット/手書き文字認識

文字パレットと手書き文字認識機能が追加されました。Windows版では「言語バー上のスパナアイコン」から、Mac 版では「アプリケーション>Google 日本語入力」フォルダから起動できます。結果はクリップボードに送られます。

不具合修正

・入力履歴にないサジェストが現れる問題を修正しました。
・「[半]」・「[全]」の注記が実際の候補と一致しないことがある問題を修正しました。
・開発版バージョン 1.1.758.10x より導入された西暦から年号への変換機能において、一部変換が正しく行われない不具合を修正しました。

Windows 版の変更点

・Windows 7 のジャンプリスト機能に対応しました。Google 日本語入力のプロパティや辞書ツールがタスクバーに表示されているときに、ジャンプリストから他の機能を呼び出すことができます。
・多段計算機能が追加されました。計算機機能を用いて、「3*2=」を入力して「6」に変換し、続けて「*4=」を入力して変換することで「24」が変換結果に表示されます。
・入力中の文字が複数の行にまたがるとき、サジェストウィンドウが入力中の文章を隠さないようにしました。
・一部のアプリケーションと Windows Vista/7 環境の組み合わせで、入力中の文字が表示されなくなる問題を修正しました。
・レジストリの HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layouts 以下に、本来とは異なるフォーマットのキーが存在する場合、Google 日本語入力のインストールに失敗する問題を修正しました。
・入力中の文字がサロゲートペアを含む場合に、カーソルと候補ウィンドウの表示位置がずれる問題を修正しました。
・VK_PACKET を部分的にサポートしました。現時点での動作は、MS-IME と完全に同じではありません。

Mac 版の変更点

確定履歴のデータの保護について、キーチェーンの利用を廃止しました。このため、既存の確定履歴からのサジェストが失われます。データを復帰させたい場合は、「アプリケーション>Google 日本語入力」フォルダ内の「確定履歴データの移行ツール」を利用してください。

既知の不具合

キー設定を「カスタム」に変更している場合は、キー操作による単語登録ダイアログの起動や、再変換や確定取り消し機能などの新しい機能は自動では追加されません。手動で追加していただくようお願いします。


Google、Gmailの新しいインターフェイスをプレビュー中

Google は Gmail や カレンダー などのユーザーインターフェースを一新中で Gmail のシンプルなユーザーインターフェースも試験的に公開しています。設定はいたって簡単で、設定画面の「テーマ」で、「プレビュー」を選ぶと新しいユーザーインターフェースが使えます。

A preview of Gmail’s new look

We get a lot of great feedback about how Gmail helps you be more efficient, keep in touch with family and friends, and get work done. We’ve saved you from forgetting attachments and made sure that you got the right Bob. Over the years, adding countless features to Gmail has made it an increasingly powerful communication hub, but along the way the interface has also become more cluttered and complex.


Google日本語入力 開発版がアップデート 1.1.758.101

Google の日本語入力システム Google 日本語入力 開発版 がアップデートしてました。Mac OS X 版のバージョンは GoogleJapaneseInput-1.1.758.101 となりました。

変換速度が 30% ほど高速になり、短い単位ので入力の変換精度も上がっているそうです。個人的には長文の一括変換ではなく、細かく変換をするほうなので、相当嬉しいアップデートのポイントですね!!

Google 日本語入力の開発版をアップデートしました。(1.1.758.10x)
Posted by 山崎富美 / Developer Relations Team

[Google 日本語入力チームのソフトウェアエンジニア野中成吾から、Google 日本語入力のアップデートについての寄稿をもらいました – 山崎]

さて、本日 Google 日本語入力の開発版をアップデートしましたのでお知らせします。今回の更新は以下のとおりです。

共通の変更点

変換性能の向上を行いました。
・変換速度を 30%程度高速化しました。
・短い単位の入力でも変換精度が向上しました。
・固定表現に対する変換精度が向上しました。
・サジェスト候補と、変換した際の候補が異なる現象を軽減しました。
・「もしかして」機能の精度を向上させ、誤字がサジェストされる現象を軽減しました。
・英単語の候補がサジェストされやすくなりました。
 例: ぐーぐ → Google
・助詞から文字入力する場合の操作性を向上させました。
 例: 名詞の後に「にかく」を入力すると「二画」と「に書く」の両方が候補に出ます。
・アンドゥ機能の挙動が改善されました。

新機能の追加をしました。
・ユニコードのコードポイントから実際の文字に変換する機能を追加しました。
 例: U+611B → 愛 (注:現在は日本語のみの変換が行えます。)
・時刻変換機能に「30分」を「半」とする候補を追加しました。
 例:12 時 30 分に「今」を変換すると「12時半」が候補に表れます。
・4桁の数字を対応する時刻や日付に変換する機能を追加しました。
 例:1230 → 12月30日、12時半、などの変換ができます。
・辞書ツールで複数エントリを一括して修正できる機能を追加しました。
サジェストにのみ使用する単語をユーザー辞書より設定できるようになりました。
・辞書登録ダイアログで、単語を入力すると自動的に読みを推測する機能を追加しました。
・「もしかして」機能、郵便番号辞書、カタカナ英語辞書の有効/無効を選択できるようになりました。


既知の不具合

・西暦から年号への変換が、一部正しく行われないことがあります。この問題は次回更新で修正されます。


Windows 版の変更点

・入力中の文字が複数の行にまたがるとき、サジェストウィンドウが入力中の文章を隠さないようにしました。
・Windows 7 のジャンプリスト機能に対応しました。Google 日本語入力のプロパティや辞書ツールがタスクバーに表示されているときに、ジャンプリストから他の機能を呼び出すことができます。


Mac 版の変更点

・確定履歴のデータの保護について、キーチェーンの利用を廃止しました。このため、既存の確定履歴からのサジェストが失われます。データを復帰させたい場合は、「アプリケーション>Google 日本語入力」フォルダ内の「確定履歴データの移行ツール」を利用してください。


既に開発版をお使いの場合は自動的に更新されますので、そのままお待ちください。バージョン番号は次のように更新されます。オープンソース版は近日中に公開されます。

Windows 版: 1.1.717.100 → 1.1.758.100
Mac 版: 1.1.717.101 → 1.1.758.101
オープンソース版: 1.1.717.102 → 1.1.758.102


Chromebook 発売開始

Google は Chrome OS を搭載したノートブック端末 Chromebook の発売を開始しました。米国をはじめ、英国、フランス、スペインなど7カ国で開始したものの日本はまだ発売をしていません。ただし、日本語はすでにサポート済みのようですので英語版を買ってもそれなりに使えると思います。



Samusung 製の Samsung Series 5 の Wi-Fi モデルが 429.99ドル で、Acer 製の Acer Cromia AC700 Chromebook の Wi-Fi モデルが 349.99ドル となっています。安いながらも Google のネットサービスを手軽に使えるノートブックで、しかもそこそこ高速に動作するそうです。‥‥欲しいなぁ、、これ。

Google、PCでも音声検索

Google が PC での検索の新機能として「音声検索」などが追加されることを発表。数週間以内に利用ができるようになるとのことですが、ただ残念なのは、ほとんどが Google Chrome でしか利用ができないということ。

Search by text, voice, or image

During our Inside Search press event in San Francisco today, we discussed how mobile search has inspired new ways to remove barriers to knowledge on the desktop and help you get to your results faster. On a mobile phone, you’re not limited to typing – you can search using your voice or a picture. Now you can do the same on your computer with Voice Search and Search by Image on desktop. You can also get your results faster with Google Instant on Images and Instant Pages.




GoogleがFirefox 3.5やIE7、Safari 3などのサポート中止へ

Google は 8月1日 以降、Firefox 3.5、IE 7、Safari 3 とそれ以前のバージョンのブラウザで Google Apps のサポートを中止することを発表したそうです。サポート中止の理由として「Apps Suiteを含むGoogleの最新のアプリは旧世代のブラウザで正常に作動せず、ユーザー体験を損ねているため」ということだそうです。

まぁ、セキュリティの観点からもブラウザは最新のものを利用したほうが良いと思いますし、旧バージョンの利用者は最新のものへ移行されるといいですよね。

Our plans to support modern browsers across Google Apps
WEDNESDAY, JUNE 1, 2011

Posted by Venkat Panchapakesan, Vice President of Engineering

(Cross-posted on the Gmail Blog and Google Docs Blog.)

For web applications to spring even farther ahead of traditional software, our teams need to make use of new capabilities available in modern browsers. For example, desktop notifications for Gmail and drag-and-drop file upload in Google Docs require advanced browsers that support HTML5. Older browsers just don’t have the chops to provide you with the same high-quality experience.


Google、電子決済サービスGoogle Walletを発表

Google は電子マネーや電子クーポンなどのサービスとなる Google Wallet を発表。Citi、MasterCard、First Data などと協力し、同サービスの拡充を目指すようです。



Google Wallet は、Android 端末とNFC ( 非接触IC ) を利用しますので、基本的には日本の NTTドコモ などが展開しているおサイフケータイと同じようなものだと思っていて問題ないでしょうね。現在のところ Nexus S 4G のみのようですが、NFC 搭載のものは順次利用できる見込みだそうです。

Google, Citi, MasterCard, First Data and Sprint Team up to Make Your Phone Your Wallet

Google Wallet will enable consumers to tap, pay and save with their phones

NEW YORK (May 26, 2011) – At an event today, Google, Citi, MasterCard, First Data and Sprint announced and demonstrated Google Wallet, an app that will make your phone your wallet so you can tap, pay and save money and time while you shop. For businesses, Google Wallet is an opportunity to strengthen customer relationships by offering a faster, easier shopping experience with relevant deals, promotions and loyalty rewards.


Google、クラウドミュージックサービス開始

Google はクラウド型音楽ストレージサービス Muisc Beta By Google を発表。現在は、招待制で米国のみのサービスとなっていますが、ユーザが所持する音楽ファイルをクラウド上にアップロードし、PC や Android 端末で再生しようっていうサービスです。



音楽ファイルは iTunes ライブラリーや音楽ファイルが入ったフォルダなどからアップロードし、プレイリストなどを作成して、簡単に端末などが再せできるそうです。Andorid でプレイリストを作り、PC で再生するなんてこともできるようです。

Android: momentum, mobile and more at Google I/O

We also launched Music Beta by Google, a new service that lets you upload your personal music collection to the cloud for streaming to your computer and Android devices. With the new service, your music and playlists are automatically kept in sync, so if you create a new playlist on your phone, it’s instantly available on your computer or tablet. You can use a feature called Instant Mix to create a playlist of songs that go well together. You can even listen to music when you’re offline: we automatically store your most recently played music on your Android device and you can choose to make specific albums or playlists available when you’re not connected. The service is launching in beta today to U.S. users and is available by invitation.






Gmailの消失したデータは無事だった模様

Google が起こした Gmail のデータ消失は最終的には全体の 0.02% となる約4万人のひとに影響を及ぼしたそうです。この消失は Google がストレージソフトウェアの更新のために用意していたプログラムのバグが引き起こしたそうです。怖いですね。

ただ、幸いなことに Google 自身が用意していたバックアップデープにユーザのデータは基本的に無事だったようです。一両日中にはそれらのバックアップデープをもとにデータの修復が完了するようで、影響を受けたユーザも一安心というところでしょうか‥‥


メールのデータを Google にすべて預けているひとにとって今回のことは非常に怖い出来事だったかも知れませんが、僕自身はバックアップデープの件を聞いて、やはりデータは Google のなかにあるほうが安全だなと思いました。


Disaster Recovery by Google

Will you be ready when disaster strikes? It’s an uncomfortable question for many IT administrators, because answering it with confidence usually requires boatloads of money, immense complexity, and crossed fingers. Fortunately there’s a better way.



Gmailでメール消失の障害

Google は Gmail で一部のユーザのメールが消失するなどの障害が発生したと発表しました。Gmail ユーザの 0.08% 以下で障害発生の影響があったそうです。現在、Gmail チームは、この問題に対して調査をしているそうで、近々発表されるようです。

Google、検索アルゴリズムを大幅改良

Google が検索アルゴリズムを大幅に改良したことを発表。まずは米国で導入し、続いて他の地域へ拡大する予定なのだそうです。今回のアルゴリズムの変更で検索クエリーの11.8%がよくなったそうです。変更後は、質の低いサイトの検索順位は下がるそうで、あまり役に立たないサイトなどが対象だそうです。逆に、質の高いコンテンツは順位は高くなるとのことです。‥‥うちはもちろん‥‥ 前者(笑)

Finding more high-quality sites in search

Our goal is simple: to give people the most relevant answers to their queries as quickly as possible. This requires constant tuning of our algorithms, as new content—both good and bad—comes online all the time.



Why is Google supporting WebM

Google は改めて Google Chrome において動画フォーマット MPEG-4 AVC / H.264 のサポートを打ち切る方針であることを発表。また、それについての説明も行いました。要は H.264 にライセンス料が発生するとユーザやベンチャー、新規参入企業などにとってモアベターではないということを言いたいわけですが‥‥

More about the Chrome HTML Video Codec Change
Friday, January 14, 2011

There has been a lot of discussion regarding this week’s announcement of upcoming changes to HTML video codec support in Chrome. The future of web video is an important topic, we welcome the debate, and want to address some of the questions raised.

Why is Google supporting WebM for the HTML <video> tag?


Google の言い分は理解しますが、正直に言えば Google が代わりに普及させようとしている WebM コーデックがもっと普及してからでもいいと思う。少なくとも複数のハードメーカーから複数の WebM をデフォルトで利用するビデオカメラなどが出てからでもいいんじゃないかって思います。

それよりも H.264 コーデックをあらゆるレイヤーでライセンスフリーにする運動をするほうが、より理想に早く近づけるような気がするんだけどなぁ。

Google Chrome、今後H.264をサポートせず

Google が同社のブラウザー Google Chrome において、ビデオコーデック H.264 のサポートを打ち切る方針であることを発表しました。同社が推奨するオープンなビデオコーデック WebM を中心に、オープン技術に統一していくということだそうです。

なお、サポート終了そのものは数ヵ月後ということです。

HTML Video Codec Support in Chrome

The web’s open and community-driven development model is a key factor in its rapid evolution and ubiquitous adoption. The WebM Project was launched last year to bring an open, world-class video codec to the web. Since the launch, we’ve seen first-hand the benefits of an open development model:

    ・Rapid performance improvements in the video encoder and decoder thanks to contributions from dozens of developers across the community
    ・Broad adoption by browser, tools, and hardware vendors
    ・Independent (yet compatible) implementations that not only bring additional choice for users, publishers, and developers but also foster healthy competition and innovation



H.264 が MPEG LA が管理する技術であるから、いつロイヤリティを吹っかけてくるかわからないし、権利処理だけでも大変なのはわかる。しかし、ここまで普及している H.264 をサポートしないっていうのはちょっとね(^^;;

ソフトウェアだけじゃなく、ハードでも H.264 対応のものが多いわけです。デジカメなどの静止画のフォーマットにしても JPEG から次世代のフォーマットに変えようとしても遅々として進まないように、ビデオカメラも H.264 が主流になってしまったので、そうそう簡単に H.264 を駆逐できるものでもないんだけどなぁ‥‥

今後の Google Chrome の動向には注視しますけど、個人的には Safari を使っているので、とりあえずはまったく問題ないんだけどね。Windows は IE 8 が思ったよりも悪くないのでそっちにします。

Google日本語入力、正式版へ

Google は Mac 、Windows など向けに公開している日本語入力システムの Google日本語入力 の正式版をリリースしました。正式版のリリース以降も、より思いどおりの入力ができるように開発を続けていくということです。

Google 日本語入力 がベータ版から正式版になりました。

Google 日本語入力は、昨年 12 月にリリースして以来、多くの方のフィードバックに支えられて、変換精度の向上や機能追加などを繰り返してきました。おかげさまで、Google 日本語入力がベータ版を卒業しましたので、お知らせします。




ベータ版から正式版のバージョンは

Windows 版: 0.14.541.0 → 1.0.556.0
Mac 版: 0.14.541.1 → 1.0.556.1

となっていまして、ボクが利用している開発版は、

Windows 版: 0.14.543.100 → 1.0.558.100
Mac 版: 0.14.543.101 → 1.0.558.101
オープンソース版: 0.13.523.102 → 1.0.558.102

となっているということです。詳しくは Developer Relations Japan Blog に掲載されている「 Google 日本語入力 がベータ版から正式版になりました。 」にあります。

Google、米で電子書籍配信サービスGoogle eBooksを開始

Google は電子書籍を販売するサービス Google eBooks を米国で開始ししました。無料で配信している電子書籍を含め、300万冊以上取り扱っているということです。購入する書籍は、すべて Google 上に保存されるので、読みたい時にサッとダウンロードしちゃえばいつでも読めるそうです。

電子書籍のフォーマットも EPUB や PDF 形式ということですので、Mac や Windows などではブラウザで読み、Android や iPhone などでは専用アプリ、SONY Reader や Nook などにも対応しています。幅広いデバイス上で展開してくれているので、ほかのサービスと比べて非常に柔軟な対応で納得のサービスですね。

日本でも早くこういうサービスを提供して欲しいけど、おそらくは無理だろうな。



Discover more than 3 million Google eBooks from your choice of booksellers and devices

Today is the first page in a new chapter of our mission to improve access to the cultural and educational treasures we know as books. Google eBooks will be available in the U.S. from a new Google eBookstore. You can browse and search through the largest ebooks collection in the world with more than three million titles including hundreds of thousands for sale. Find the latest bestsellers like James Patterson’s Cross Fire and Jonathan Franzen’s Freedom, dig into popular reads like Laura Hillenbrand’s Unbroken and catch up on the classics like Great Expectations, A Tale of Two Cities and Gulliver’s Travels.



Google Maps、日本地図をリニューアル

Google は Googleマップ の日本の地図のデザインをリニューアルしたそうです。一目見て見やすいと思うデザインとなっています。もちろん、iPhone などから見ても同様の見やすさです。

Google マップのデザインが新しくなりました

本日、Google マップチームは、日本の地図のデザインを大幅にリニューアルしました。ユーザーのみなさまに、より美しく、より簡単に使える地図を提供することを目指して、多くの検討を重ね、文字、アイコン、色、線のスタイルなどに様々な変更を行った結果が、この新しいデザインです。


1年以上の時間をかけて、デザインをリニューアルしたそうですが、これは相当に良いと感じました。Googleマップは、毎日のようにお世話になっているツールなので大変ありがたいです(^^

Google WebPフォーマットを試してみました

Google が発表した画像フォーマット WebPPixelmator で扱えるようになったので、ちょっとどんなもんなのか試してみました。変換してみたのは、天津飯の写真(笑) これ、おいしかったんだわー(笑)



さて、まずは JPEG の元画像を Pixelmator 開いて WebP で画質 100% にて変換をして見ました。ファイル形式は webp と、そのまま(笑)



どれくらいファイルサイズが小さくなったのかなって思ったら、最高画質にしてあるためか、1119164バイト の JPEG が、706690バイト となりました。37% も小さくすることができました!!




ファイルサイズが小さくなっても画質が著しく劣化していたのでは意味が無いので画質もチェックしてみたところ、概ね満足です。っていうか十分です。Webp のエンジンの所為なのか、Pixelmator の味付けなのかわかりませんが、若干トーンが暗めになり、少し輪郭が甘くなっている感じはしますけれども、これくらいなら十分です。



ちなみに右側が WebP です。

JPEG からの変換ではなく、最初から WebP で撮れるカメラなんかがあれば、それこそ変換ロスはでないんだから、綺麗でしかもファイルサイズが小さくて満足だ! って感じになるんじゃないかな(^^;;


少なくとも RAW みたいなフォトグラファー必須の保存用フォーマットではなく、ネット上でのやりとりを中心に考えたときにはファイルサイズが小さいほうがトラフィック的にも優しいだろうし、サッと画像がDLできて開くので、使う方の精神的にも嬉しいだろうね。

願わくば Mac OS X のプレビューなどには早々に対応して欲しいんだけど、できれば OS レベルの Core なんちゃらで対応して、iPhone も iOS レベルで対応して欲しいですね。

これは普及して欲しいな!!

Pixelmator 1.6.2 アップデート

アクト・ツーが日本語をリリースしている画像処理ソフトの Pixelmator がアップデートし、Pixelmator 1.6.2 となりました。今回のアップデートで、Google が発表した画像フォーマット WebP をサポートしました。WebP の凄さを Pixelmator ユーザも体験できるようになったわけですね。こりゃスゴイ!!




Pixelmator 1.6.2 Nucleus リリースノート
(本アップデートは Snow Leopard 専用になります。Leopard はサポートされていません。)

新機能
・WebP イメージフォーマットをサポート

改良点
・「Pixelmator」メニューに「アップデートを確認…」を追加。

バグ修正
・Backspace キーを使用して選択を消去した時に起きるクラッシュを修正。
・テキストレイヤーで「最後に使用したフィルタ」コマンドを使用した時に起きるクラッシュを修正。
・時々パレットが Dock の背後に表示されてしまうバグを修正。
・手のひらツールの「ピクセル等倍」コンテキストメニューが選択できなくなるバグを修正。



ピクセルメーター 1.6.1
Pixelmator 1.6.1 Nucleus リリースノート
(本アップデートは Snow Leopard 専用になります。Leopard はサポートされていません。)

新機能
・使いやすく高速なフォトブラウザを新規に採用
・Aperture のサポート (フォトブラウザ経由で)

改良点
・線による描画結果を改善。
・新規レイヤーシートをレイヤーパレットではなくウインドウに表示するよう改良。
・スライスの設定がない場合でもスライスツールオプションの「Web 用に書き出す」ボタンが機能するように改良。
・EXIF 情報を保持できるように「Flickr に送信」時のフォーマットを JPEG に変更。
・マイナーなユーザインターフェイスの改良。

バグ修正
・ズームツールの「ピクセル等倍」コンテキストメニューが無効になるバグを修正。
・コンソールに “nil colorUsingColorSpace” というメッセージが表示されるバグを修正。
・切り抜きコマンドが使用された後にテキストレイヤーが右側に移動するバグを修正。
・大きなイメージを編集中に Quarts コンポーザフィルタが不正に動作するバグを修正。
・「Web 用に書き出す」際の許諾の問題を修正。
・時々ペイントツールが不正に動作するバグを修正。
・イメージを開く時のメモリーリークを修正。
・40 ピクセルのイメージが不正に表示されるバグを修正。
・レイヤーグループでレイヤーの表示を切り替えるとスライスツールと「Web に書き出す」機能が不正に動作するバグを修正。
・ガイドが非表示になっている時にグリッドが表示されないバグを修正。


Google、URL短縮サービスを一般公開

Google の URL短縮サービス Goo.gl は、2009年12月のサービス開始以来、Googleツールバー や FeedBurner からの利用など一部のサービスでの連携に限られてきたのですが、ついに通常の利用も可能となりました。

Google URL Shortener Gets a Website

We first introduced the Google URL Shortener (goo.gl) last December as part of Google Toolbar and Feedburner. Since our initial release, we’ve integrated the technology into many other Google products including News, Blogger, Maps, Picasa Web Albums, and Moderator, but people have been asking for a direct way to use the service. Today we’re giving goo.gl its own website (http://goo.gl/, of course!). We don’t intend to overload goo.gl with features, but we do want it to be the stablest, most secure, and fastest URL shortener on the web.




マルウェアやフィッシング、スパムなどの対応も備えられているそうですので安心して利用できそうですね。

McAfee や Twitter など URL短縮サービス が増えてきましたね。でも、結局 のところ bit.ly が定番となりそうな雰囲気ありますね。。。



Google、新画像フォーマット「WebP」発表

Google が JPEG や GIF などの既存の画像フォーマットの画質を損なわずにファイルサイズを圧縮することのできる独自フォーマット WebP を開発者向けに公開しました。WebP は、同社の動画コーデック V8 をベースにした画像圧縮技術で、JPEG 画像などを平均 39% も圧縮できたそうです。

WebP, a new image format for the Web

As part of Google’s initiative to make the web faster, over the past few months we have released a number of tools to help site owners speed up their websites. We launched the Page Speed Firefox extension to evaluate the performance of web pages and to get suggestions on how to improve them, we introduced the Speed Tracer Chrome extension to help identify and fix performance problems in web applications, and we released a set of closure tools to help build rich web applications with fully optimized JavaScript code. While these tools have been incredibly successful in helping developers optimize their sites, as we’ve evaluated our progress, we continue to notice a single component of web pages is consistently responsible for the majority of the latency on pages across the web: images.


画像の比較はこちらから!

実際にはブラウザが WebP フォーマットには対応していないので、JPEG と PNG で表示されていますが、JPEG 画像が WebP にすると、どれくらい圧縮できているのかが数値で表示されています。


JPEG や GIF といった画像フォーマットは、レガシーもいいところではあるんだけど、いまだにデファクトなのは汎用性があるから。この WebP が、デジカメなどをはじめ、画像を取り扱う機器にまで対応していくなら、ネットの世界でもデファクトになるでしょうね。

でも、JPEG 2000 や JPEG XR がそうであるように普及の兆しすらないフォーマットはたくさんあるわけで、WebP がそういったものと同じ運命をたどる可能性の方が高い。ぜひ、逆らって勝ち上がって欲しいものです。

とりあえず、次期 Google Chrome は対応するそうです。

Gmailのスレッド表示をOFFにできる

Google は同社のメールサービス Gmail においてメールのスレッド表示をオフにするオプションを追加したと発表しました。今後数日中にすべてのユーザが利用できるようになるということです。

ボクのところは対応していました(^^

Turn off Gmail’s conversation view

The way Gmail organizes mail into conversations is like cilantro. You either love it — and, like me, enjoy the nice citrusy, herbal finish it gives to everything from salsa to curry — or you hate it. And those of you who hate it hate it enough to launch sites like nocilantro.com and ihatecilantro.com (“an anti cilantro community”), where you can hate it together.




Gmail の設定画面でスレッド表示の ON、OFF で表示を切り替えることができます。ボクはさっそく表示を OFF にしてみました。スレッド表示よりも通常の表示の方が好きなもので(^^;;;

Gmailが優先メールを教えてくれる!

Google は Gmail の受信トレイに、優先度をつけて表示する Priority Inbox 機能をベータ提供するそうです。ユーザの過去の行動によって、送られてきたメールを「重要かつ未読」「スター付き」「その他」の3種類に分類してくれるそうです。

Gmail 便利になり過ぎです(^^;;;

Email overload? Try Priority Inbox

People tell us all that time that they’re getting more and more mail and often feel overwhelmed by it all. We know what you mean—here at Google we run on email. Our inboxes are slammed with hundreds, sometimes thousands of messages a day—mail from colleagues, from lists, about appointments and automated mail that’s often not important. It’s time-consuming to figure out what needs to be read and what needs a reply. Today, we’re happy to introduce Priority Inbox (in beta)—an experimental new way of taking on information overload in Gmail.


Googleリアルタム検索

Google は、Twitter や ブログの最新エントリーなどの最新情報をリアルタイムに検索することのできるサービス「 Google リアルタイム検索 」の専用トップサイトを新設し、さらに場所による絞り込みやスレッドモード表示などの新機能を追加したそうです。


Androidにトロイの木馬が!

Kaspersky Lab によると、Android 端末を狙ったトロイの木馬タイプのウイルスを検知でき、感染事例も確認ができたということです。スパイウェアの存在は過去から確認できていたということですが、トロイの木馬タイプは初検知ということです。

今回検知されたものは海外でよくあるらしいもので、 SMS を利用した送金サービスを悪用するもので、勝手に送信先に SMS での自動送信するというものです。特定アカウントに自動送信し、端末利用ユーザはその送信分の課金が発生するという類のものだということです。


オープンな OS だけに感染は遅かれ早かれですし、仮にクローズであっても先の iOS の例でもあったように OS の脆弱性をついて感染するというケースはあると思います。できれば、リスクは少なくしたいでしょうから、iOS でよくある脱獄などは控えることをオススメしますし、スマートフォン向け OS にセキュリティソフトがあれば利用することしたいですね。

ちなみに Kaspersky Lab は 2011年前半 ごろにセキュリティソフトを提供する予定だとかで‥‥ まだまだ先じゃん(^^;;;;


ニュースリリース

Google、Nexus One 販売中止へ

CNN によると、Google は販売経路を通販から実店舗販売に切り替えていた Android 端末 Nexus One の販売を打ち切ることを決めたようです。在庫がなくなり次第収束するようです。

Google Nexus One 自体は失敗に終わったかも知れませんが、Google としては他社製の Android 端末が順調にシェアを伸ばしていっているので問題はないでしょうね。

YouTube、4Kビデオに対応

Google は YouTube において 4K ( 4096 × 2034 ) の動画ファイルのアップロードと配信に対応したそうです。2K をすっ飛ばして Full HDサイズの 1920 × 1080 よりも遥かに高いクオリティの動画に対応するのは Google TV の将来を見据えれば必然というものですけれど、4K サイズの動画ファイルを再生するのはハードスペックもBB回線も高いものが要求されそうだね(^^

What’s bigger than 1080p? 4K video comes to YouTube

Today at the VidCon 2010 conference, we announced support for videos shot in 4K, meaning that now we support original video resolution from 360p all the way up to 4K. To give some perspective on the size of 4K, the ideal screen size for a 4K video is 25 feet; IMAX movies are projected through two 2k resolution projectors.

We always want videos on YouTube to be available in the highest quality possible, as creators intend. In December of last year, we announced support for 1080p, or full HD. At 4096 x 2304 pixels, 4K is over four times the size of 1080p. To view any video in a source resolution greater than 1080p, select “Original” in the video quality pulldown menu:




いま使っている iMac も 4K にはまったく歯が立たないので、来年あたりには買い替えを真剣に考えなくてはいけないなぁとか 4K ビデオがたくさん出てきたら思うんだろうなぁ。

Googleのトップページに背景画像が貼り付けられる

Google は、トップページの背景画像を PC に保存してある画像や Picasaウェブアルバム、公開ギャラリーなどの画像に変更できる機能の公開を開始しました。まだすべてのユーザが利用出来るわけではないようですが、順次対応していく予定だそうです。

Google 検索のトップページをあなた好みに変えてみませんか?

自分が毎日使うウェブサイトを自分の好みにあわせてカスタマイズしたい、そんな風に思ったことはありませんか。Google では以前から背景や使いたい機能を iGoogle で自分でカスタマイズできたり、ウェブブラウザのChrome の背景を変えられる機能を提供してきました。この度、Google のトップページもあなた好みにカスタマイズできるようになりました。

ぜひ自分の好きな画像をGoogleの白いホームページいっぱいに表示させ、自分だけの Google をお試しください。詳しい設定方法は、こちらで説明しています。


Microsoft の Bing みたいな感じになるわけですけど、これって人気があるのかな? まぁ、人気があるにせよ、ボクの場合は Google のトップページなんてほとんど見ないんだけどね。ブラウザの検索窓で打ち込んで使うから滅多に見ることはないかもですね(^^;;;;

Google、社内でのWindows使用を停止?

英 Financial Times によると、Google は中国からのサイバー攻撃を受けたことで Microsoft の WIndows の利用はセキュリティ上の懸念が強いため社内の利用は基本的に取りやめているのだそうです。その代わりに Mac OS X や Linux などに移行しているんだそうです。

Google ditches Windows on security concerns

Google is phasing out the internal use of Microsoft’s ubiquitous Windows operating system because of security concerns, according to several Google employees.

The directive to move to other operating systems began in earnest in January, after Google’s Chinese operations were hacked, and could effectively end the use of Windows at Google, which employs more than 10,000 workers internationally.

“We’re not doing any more Windows. It is a security effort,” said one Google employee.

“Many people have been moved away from [Windows] PCs, mostly towards Mac OS, following the China hacking attacks,” said another.


セキュリティ上の懸念は Mac OS X であっても Linux であっても変わりないと思うんで、問題は中国側とされるサイバー攻撃そのものだと思うんだけどなぁ‥‥。

Google、Nexus Oneのネット販売を中止

Google は同社が販売する Android 端末の Nexus One のネット販売を中止することを発表しました。ネットのみの販売は新たな販売経路として既存ショップでの展開を考えているということです。

Nexus One changes in availability

We launched Nexus One in January with two goals in mind: to introduce a beacon of innovation among Android handsets, and to make it quick and easy for people to buy an Android phone. We’re very happy with the adoption of Android in general, and the innovation delivered through Nexus One. Already, a lot of the innovation that went into creating Nexus One has found its way into numerous Android handsets, like the HTC Evo 4G from Sprint and the Verizon Droid Incredible by HTC.

But, as with every innovation, some parts worked better than others. While the global adoption of the Android platform has exceeded our expectations, the web store has not. It’s remained a niche channel for early adopters, but it’s clear that many customers like a hands-on experience before buying a phone, and they also want a wide range of service plans to chose from.


やはりネットのみの販売では話題性にも欠き、発売したあとすぐに話題から消え去っていたような気がします。せっかく Andorid 2.1 という高いバージョンの Android 端末ですから、もっと話題に、もっと売りあげて、スマートフォン市場を盛り上げて欲しいと思います。

Google Chrome 5 for Mac ベータ版配布中

Google のブラウザ Google Chrome の最新ベータ版となる Google Chrome 5.0.375.29 が配布されています。このバージョンではさらに JavaScript エンジン V8 などが速くなり、Flash プラグインが統合されていたりしているそうです。

Mac OS X 版は Mac OS X 10.5 以降で Intel Mac のみとなります。

Pedal to the Chrome metal: Our fastest beta to date for Windows, Mac and Linux

Here in Aarhus, Denmark — home of the V8 project, Chrome’s JavaScript engine — we’ve been tuning, testing, and polishing the V8 engine to give Chrome a hefty boost in speed.


GoogleがオススメのFollowerさんを紹介

Google は Google Labs において、Twitter ユーザに対してオススメの Twitter ユーザを紹介するサービス「 Google Follow Finder 」を開始しました。このサービスは Twitter 社の @anywhere フレームワークが利用されているため、紹介したユーザを即座にフォローすることができます。



自分とよく似たフォロワーがたくさんいるアカウントなども教えてくれたりしますので、フォローしたい・したくなるユーザが探しやすくなると思いますよ(^^

‥‥って、ほんまいかな(笑)


IE6などYouTubeのサポート対象外に‥‥

Google が YouTube において 2010年3月13日 以降、IE 7、Firefox 3.0、Google Chrome 4.0、Safari 3.0 以上の各ブラウザのみを扱うことを案内しました。これよりも下のバージョンは、視聴は可能なものの新しいサービスなどに対応できないかもしれないなどの理由でサポートされないそうです。

つまり IE6 は対応しないよってこと。

古いブラウザを利用しえいるユーザに対して、アップデートの呼び掛けを行うそうです。いずれにしてもセキュリティなどの観点からも、そろそろ IE6 などは利用すべきではないと思いますので、これを機会にぜひアップデートを。

Google、Google 日本語入力 の開発版を公開

Google は日本語入力システム Google 日本語入力 の開発版の公開を開始しました。Mac OS X版のバージョンは GoogleJapaneseInput-0.10.264.101 となりまして、Snow Leopard 環境で設定画面のプルダウンメニューが正しく表示されない問題を修正しているそうです。


Google 日本語入力に開発版が追加されました。

Google 日本語入力ベータ版をお使いいただいている皆様、いつもありがとうございます。一日も早く正式版の品質に到達するべく、チーム一丸となって開発に取り組んでおりますので、今後ともよろしくお願いいたします。さて本日より Google 日本語入力に、これまでのベータ版に加えて、開発版が追加されました。開発版は、以下の点でベータ版とは異なります。

・新機能が開発段階の形でリリースされます。場合によっては、一度追加された機能が次の更新で削除されることもあります。
・公開前に行っている社内テストが、一部省略されています。
・ベータ版よりも頻繁に更新されるため、予期しないタイミングで使用できなくなるリスクが高くなります。
・問題の早期発見のため、使用統計データと障害レポートの送信が常にオンになります。
・単語候補の選択ウィンドウにビルド番号が表示されます。


開発版は新機能や問題の修正をいち早くお試しいただけますが、安定性の観点から、通常のご利用にはベータ版をおすすめします。

今回の開発版リリースでは、次のような変更点が行われました。

Windows / Mac 共通
ローマ字ルールを変更する機能を追加しました。設定ダイアログからローマ字ルールを変更できます。


いつになったら SHIFT + かな キーで平仮名とカタカナのモード切り替えができるようになるんだろうなぁ。期待しています。

Google Chrome for Mac、最新β配布中

ベータ版が配布中の Google Chrome の Mac 版の最新版が配布されています。今回のバージョンからは Google Extensions ( 拡張機能 ) やブックマークの同期機能ついて、ますます便利に、ますます速くなったんじゃね?って思えるアップデートとなっています。

Google Chrome Mac 版が新しくなり、拡張やその他新しい機能を使えるようになりました

昨年の 12 月に Google Chrome Mac 版 (BETA)をリリースしてからも、我々は様々な新しい機能を付加できるように努めてきました。本日、デベロッパーチャネルにおけるいくつかのテストを経て、新しい機能をより多くの方達に提供できるようになりました。新しい Google Chrome Mac 版 (BETA) のリリースに伴ない、多くの Mac ユーザの方々からご要望いただいていた、拡張(Extensions)、ブックマーク同期、その他の機能を提供いたします。


新しいバージョンでは、Google Chrome の拡張ギャラリーにて、2,200個を超える拡張を使うことができます。ウィンドウメニューの”拡張機能”をクリックすることで管理できます。





ブックマークの同期ができるようになったので、Win で利用している Chrome との整合もしやすいし、なによりいろいろなエクステンションがあるので、手軽に機能拡張ができるのがいいですね。

あとは、Safari とブックマークの同期ができると嬉しいかも(^^

Google、IE 6を非サポートに! まずはGoogle Docsなどから

Tech Crunch の記事によると Google は自社のサービスのうち Googld Docs と Google Sites において Microsoft のブラウザ IE 6 のサポートを廃止すると発表したそうです。

Google DocsとGoogle Sitesが3月からIE6のサポートを停止

MicrosoftのInternet Explorerにとっては、新年から災難続きだ。最近のセキュリティ問題に関する報道に続き、その数日後にGoogleは火に油を注ぐ形で、2つのGoogle Apps製品、Google DocsとGoogle SitesのIE6に対するサポートを廃止すると発表した(後者は最近お化粧直しをしたばかりだ)。



Google としては正しい選択だと思います。セキュアなブラウザではないし、レンダリングエンジンも酷い。最近、EVERNOTE を IE 6 で使うことがあったんだけど、レイアウトが崩れてて、まったく使い物にならなかったし‥‥。

最近、うちの会社はコンプライアンスとかいって会社の PC に新しいソフトウェアを入れてはいけないっていうことになっていたりするんで、IE が入れれない。しかも IE 8 にしようとしても、つまらないグループウェアが対応してるかしてないかわかんないんだよね。

なので、結局 IE 6 を使わざるを得ないんだけど、こうやってネット市場から IE 6 の締め出しが始まれば、うちの会社もグループウェアもちゃんと IE 8 使っていいよっていうことになるのでは‥‥ なんていう希望を抱いております(笑)