SONY Reader、イギリスなどでも閉鎖へ

SONY の電子書籍ストア Reader Store が、アメリカに続いてイギリス・ドイツ・オーストリアとオーストラリアでも終了することが発表されました。6月16日をもって閉鎖され、Reader ユーザは、kobo に引き継がれるそうです。。。

こうなってくると、いよいよ、閉鎖はないとしていた日本の Reader Store も怪しくなってきましたね‥‥

Kobo_ReadMore_RGB

Sony selects Kobo to bring its eBookstore to Sony’s Reader, tablet and smartphone book lovers in UK, Germany and Austria

Sony’s Reader Store, together with Kobo, a global leader in eReading, today announced that Kobo will provide Sony’s Reader™, Xperia™ tablet and smartphone users in the United Kingdom, Germany and Austria with Kobo’s world-class catalogue of more than 4 million eBooks and magazines. Sony’s Reader Store customers will transfer to the Kobo ecosystem starting in June.



VAIO株式会社

SONY と 日本産業パートナーズ株式会社は SONY の PC 事業を譲渡し、今後の PC事業 の管理・運営を行う新会社 VAIO 株式会社を設立しました。7月1日 には VAIO を受け継ぐ、VAIO 株式会社がスタートします。‥‥って、ややこし(笑)

VAIO のスプリッツをいかに製品に活かしてくるのかが楽しみですが、やはり VAIO P や VAIO S などの「らしさ」を貫いて欲しいなぁと思います。楽しみです。

VAIO

PC事業の譲渡に関する正式契約の締結について

 本日、ソニー株式会社(以下、ソニー)と日本産業パートナーズ株式会社(以下、JIP)が管理・運営を行う日本産業第四号投資事業有限責任組合が出資する予定の特別目的会社は、ソニーがVAIOブランドを付して運営するPC事業のソニーから当該特別目的会社への譲渡(以下、本件取引)に関し、法的拘束力を有する正式契約を締結しましたのでお知らせいたします。本件取引は、当該特別目的会社にソニーがVAIOブランドを付して日本で営んでいるPC事業及びその関連資産の一部などを承継させる形で行われ、両社は、2014年7月1日を目途に本件取引を完了することを目指します。

新会社(特別目的会社)概要(予定)

(1)事業開始日:2014年7月1日を目処に事業開始予定
(2)会社名:VAIO株式会社 (英語名: VAIO Corporation)
(3)本社所在地:長野県安曇野市豊科5432
(4)出資金:1,000百万円
(5)出資比率:JIP 95%、ソニー 5%(取引完了時)
(6)代表者:代表取締役社長 関取 高行
(7)事業内容:PC及びPC関連製品の企画、設計、開発、製造及び販売
(8)従業員数:約240名


米SONY、電子書籍事業から撤退。Reader Store閉鎖へ。

SONY の負の連鎖は続きますね。

米 SONY は電子書籍の市場から撤退を表明。米国及びカナダで展開している Reader Store を 3月下旬に閉鎖し、既存の Reader Store 利用者は、Kobo ストアへの移行でサポートの継続というカタチになるとのことです。日本市場の撤退はいまのところないようです。

Sony-Reader
権利購入した書籍を継続して読めるようにしたことは良かったと思いますが、日本で展開している Reader Store も閉鎖するんじゃなかいって思うと、ここでは買えなくなってしまいそうです( といっても、個人的には Kobo と Kindle 中心なので Reader Store では買ってませんが )。

一応、日本では閉鎖するつもりはないので安心をっていう感じの告知「今後ご提供予定のサービスのほんの一部をご案内」をしているようですけど、ちょっと怪しいなぁっていうのが個人的な感想(^^;;

SONY、VAIOを譲渡。あぁーあ、って感じ‥‥。

SONY は同社の PCブランド VAIO を日本産業パートナーズに譲渡することを発表しました。SONY が PC 事業から撤退する日が来るとは思わなかったけど、思わなかったことのほうが不思議なのかもしれない。‥‥というか、そう思ってしまうほど、VAIO は SONY の代名詞だったんだと思います。

PC事業の譲渡に関する意向確認書の締結について

 本日、ソニー株式会社(以下、ソニー)と日本産業パートナーズ株式会社(以下、JIP)は、ソニーがVAIOブランドを付して運営するPC事業を、ソニーからJIPに譲渡すること(以下、本件取引)に関する意向確認書を締結しましたのでお知らせいたします。今後ソニーとJIPは、デューデリジェンス(当該PC事業の精査)および更なる協議を経て、2014年3月末までに本件取引に関して法的拘束力を有する正式契約を締結することを目指します。


現在のボクは MacBook Pro 15″ Retina のユーザであり、正直、ずーっと Mac を使っているわけですが、それでもタマに Windows PC を買うんですよね。で、そういうときは VAIO を買うこともあって、ボクが気に入って使ってたの VAIO は PCG-SRX3 というのです。今で言えば MacBook Air のような VAIO だったんで、モバイル気取ってましたね(笑) アホです(^^;;;

PCG-SRX3
それにしても VAIO のブランドは続くんだろうけど、SONY じゃないっていうのは IBM じゃない ThinkPad 以上に衝撃的かも知れないなぁ。

隠し球? PS Vita TVを発表!

ソニー・コンピュータエンタテイメント ( SCEJ ) はテレビに接続して、 PS Vita のゲームが楽しめる Play Station Vita TV を 11月14日 から 9954円 で発売するそうです。PS Vita TV は、Vita 以外の PS1 のゲームなんかも楽しめるんだそうで、こりゃ、面白い端末を発表したもんだなぁって思います。

その他にも Hulu をはじめとする動画配信サービスなんかも楽しめちゃうそうです。あ、地味に嬉しいのは radiko.jp にも対応してるね(笑)

PS Vita TV
プレスリリース ※リンク先PDF


PS4、国内発売は2014年2月22日

ソニー・コンピュータエンタテイメント ( SCEJ ) は PlayStation 4 の国内の発売日を発表しました。2014年2月22日 ‥‥ へ? 2014年 ?? 価格は 41979円 ってことです。海外では 11月15日 から発売なのに、なぜ日本国内はって思うんだけど、コンテンツが揃ってから発売したいんだそうで、、、 まぁ、仕方ないですね。

PS4 に PlayStation Camera が同梱されているのは 46179円 だそうです。

PS4

出ました! 新型PS Vita PCH-2000

ソニー・コンピュータエンタテイメント ( SCEJ ) が PlaySation Vita の新製品 PCH-2000 を発表しました。10月10日から 19292円 で発売とのことです。今回は 6色 のカラバリもさることながら、筐体の厚みが 20% も減ったそうで、随分と薄くなった印象の Vita となっております。

3Gモデル はなくなったようですけど、既存モデルの 3Gモデル は併売ということなので問題ないですね。

Vita

本体の内蔵メモリーは 1GB ということですが、メモリーカードもそれぞれ安くなったいるそうです。

プレスリリース ※リンク先PDF


SONY DSC-QX100、DSC-QX10が欲しぃぃ

SONY は IFA 2013 で Cyber-Shot シリーズの新製品となる Cyber-Shot DSC-QX100 と DSC-QX10 を発表しました。いまのところ国内での販売は未定ですが、DSC-QX100 / QX10 はディスプレイを持たない、レンズ部分だけのようなカタチのデジカメで、スマートフォンと接続して使用する一風変ったものとなっています。

001

スマートフォンとの接続は Wi-Fi となっており、iOS 4.3以上、Android 2.3 〜 4.2 で動作する専用アプリ PlayMemories Mobile を通じて操作をするような格好となります。

DSC-QX100 / QX10 をスマートフォンの背中部分に取り付けて撮影をしたり、取り付けないで離したままの状態でも撮影をしたりすることができます。

正直、最初見たときはイラネぇって思ったんだけど、イメージムービーを見て意識が変わっちゃいました。欲しいぃぃぃ!って。今年はすでにデジカメを1つ買っているんだけど、これがイマイチ使いづらくてどないしよ?って感じだったんですよねぇ。どうしよう買ってしまいそうだ(笑)

まだ日本での発売は未定ながら、楽しみっすわ。


SONYがAirPlay対応のコンポを発売! CMT-BT80W

SONY は iPhone はもちろんですが、AirPlay に対応したコンポ CMT-BT80W を 4月20日 から発売するそうです。オープン価格ですが、市場予想価格は 39800円 前後と結構魅力的な価格となっています。iPhone や Mac に保存されている曲をそこそこいい音で聴ける環境を手軽に構築するにはもってこいでしょうね(^^

CMT-BT80W

CMT-BT80W は背面にある USB端子 から、直接 iPhone を接続してデジタル転送もできますし、Bluetooth も内蔵していて、それで iPhone とつなぐことも可能( だよね? )。また、先にも書いたように AirPlay にも対応しているので、iOS 機器や Mac からも手軽に接続することができます。

音の方はというと、S-Master デジタルアンプを内蔵し、さらに高音域を補正する DSEE も搭載して高音質を確保してあるようです( この辺りは聞かなわからんし、好みもあるので‥‥w )。FM / AM ラジオ、スロットインタイプの CDプレーヤ と、基本的なコンポとしての機能は当然装備してあるので、買ってきた CD や楽しみにしているラジオ番組も聞くことができます。

発売されたらとりあえずチェックしに行こっ!!(笑)

SONY、MD再生録音機器の出荷を3月で終了

SONY は システムステレオ CMT-M35WN が 2013年3月 を出荷終了することで、MD ( MiniDisc ) 対応の録音再生機器の販売がすべて終了ことを発表しました。1992年 に発売を開始した MD は、2013年に幕を閉じることとなりました。当面、メディア ( 記録ディスク ) は生産するそうですが、完全に1つの時代が終わりましたね。

MD搭載システムステレオ『CMT-M35WM』出荷終了のお知らせ

弊社は、ミニディスク(MD)の録音再生に対応したシステムステレオ「CMT-M35WM」につきまして、2013年3月(予定※)をもって出荷を終了させていただくことにいたしました。これにより、弊社におけるMD対応録音再生機器の販売は、すべて終了することになります。


CMT-M35WM



個人的には MZ-R2 を購入したのが最初かな。LIP-12 っていうリチウムイオン充電池を使って、たったの2時間半ほどしか再生することが出来ないっていうダメっぷりだったんだけど、それでもなんか妙に嬉しくて毎日使ってたなぁ。

MZ-R2
そのあとにやってくる MP3 時代の到来にボクは NOMAD II Sports っていう MP3プレーヤー 買うんだけど、それまでは Walkman を何台か購入して使い続けていたなぁ。そして NOMAD II Sports も、iPod へと変わり、いまに至るわけなんだけどね。。。

NOMAD Sports II

さよなら、MD。

SONY、テレコの出荷を終了

SONY は カセットテープレコーダー ( いわゆるテレコ ) の出荷を来年の1月をもって完了させるそうです。テレコの需要ってそれなりにあって、お稽古事に利用しているっていうのが年配層に多いんですよね。

そういう層も iPhone などのスマートフォンについてる録音機能を使うようになったのか、需要はあるけど、黒字事業ではないだろうから撤退ということなんだろうか‥‥ いずれにしてもカセットテープもいよいよ終わりなのかもしれませんねぇ。


SONY系アーティストの楽曲がついにiTuensで買えちゃえます!


ついに iTunes Store で SME ( ソニー・ミュージックエンターテイメント ) の楽曲が買えるようになりました。ユニコーン、ラルクアンシエル、いきものがかり、西野カナなどなど、まったく問題なく買えちゃいます。これは誰にとっても嬉しいことなんじゃないかなぁーと思いつつも、道のりの長さにようやくって感じはしますね。もっと早くやってればもっとたくさん売れた曲はあっただろうに‥‥ とも。

まぁ、でもとにかくありがたいです。そして、小室哲哉氏の喜びの声を紹介して、そして感謝します。

SONY MUSICのアーティストの皆さん!小室もときどき、お役に立てる事ありますよー。RT RT、で楽しみにしている方に教えてあげてください。あとWEB NEWSのかたひろってくださいね。それではavexに僕は戻りまーす。
@Tetsuya_Komuro
Tetsuya Komuro

MoraがついにDRMフリー楽曲を提供!

音楽配信サイト mora を運営するレーベルゲートは 10月1日 より配信楽曲のフォーマットを従来の ATRAC 132kbps から AAC 320kbps に高音質とし、さらに DRM も外し、DRMフリーにすることを発表しました。


また、ブラウザから楽曲のダウンロードもできるようになるため、Mac でも購入ができ、購入したものは iTunes を経由して iPhone や iPod touch でも再生することができるそうです。これは嬉しいんだけど、もうここまで来たのなら iTunes Store でも売ってくれればいいのに‥‥

まぁ、SONY の楽曲がいよいよ Mac ユーザも手軽に買える時代に近づいたってのは喜ばしいことですよね。

小さく軽くなりました! 新型PS3

SCEJ ( ソニー・コンピュータエンタテイメント ) は PlaySation 3 の新型モデルとなる CECH-4000 シリーズを発表しました。搭載の HDD が 250GB のモデルが 24980円、500GB のモデルが 29980円 となります。従来のモデルより 約25% も小さくなり、約20% も軽くなっているそうです。

発売は 10月4日 から順次発売される予定です。



SONY電子書籍リーダーPRS-T2、国内でも販売

SONY はすでに米国では発売済みの電子書籍リーダー Reader の新型 PRS-T2 の国内販売を 9月21日 から 9980円 で行うことを発表しました。従来モデルよりもページめくりのあとの残像かんを抑え、1回の充電で約2ヶ月も読書ができるなど性能面も上がっております。

ただ、残念というかたぶん使えるんだろうけど、コンテンツを管理するソフトウェアの eBook Transfer for Reader Ver.3.0 の対応 OS に Mac もあるんだけど、OS X Lion 10.7 までで、OS X Mountain Lion 10.8 の記載がないんですよね。同様に WIndows 8 も載ってないのは当然としても、Mountain Lion はすでに発売済みの OS なんだから正式に対応して欲しかったなぁ(^^;;

プレスリリース


SONY、光ディスク事業から撤退!?

産経新聞は SONY はパソコン向けの光ディスク駆動装置事業からの撤退をすると方針を固めたと報道しました。

HDD や SSD などといったメディアが安価で、しかも大容量と化しバックアップメディアとしても魅力がなくなりつつあり、また、コンテンツの配布も、すでにインターネットを通じてということが一般的となってきた。

こういう状況であれば、DVD-R/RW ドライブなどといった光ディスク駆動装置に未来が見えないと考えるのも頷けるというものです。

SONY、新型Reader PRS-T2を発表

SONY は電子書籍リーダーの新製品となる PRS-T2 を発表し、米国では即発売となったようです。価格は 129ドル と非常に魅力的な価格となっておりまして、前モデル同様のタッチパネル採用のモデルです。

またハリー・ポッターの第1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』の無料でダウンロードできるクーポンが同梱されているそうです(日本で発売するときに同様のキャンペーンがあるかはわかりません)。


PS VitaでiTunesで作ったプレイリストが再生可能になるそうです!

SCEJ ( ソニー・コンピュータエンタテイメント ) は PlayStation Vita のシステムソフトウェアを バージョン 1.80 に、8月28日 よりアップデートする予定で、このアップデートで PS1 のゲームが遊べるようになるそうです。PSP で出来ていたことが、ようやく PS Vita でも出来るようになるんですね(^^

その他のアップデート機能として、ミュージックアプリで、iTunes で作ったプレイリストを再生できるようになるそうです。

システムソフトウェア バージョン1.80で追加される主な機能

・ 初代「プレイステーション」規格ソフトウェアに対応
・ ホーム画面や、「ビデオ」、「ミュージック」、「設定」などのアプリケーションの一部の機能において、PS Vita本体ボタンでの操作に対応
・ 「ビデオ」で動画の可変速再生、早戻し/早送りおよびリピート再生に対応
・ 「ミュージック」で、PlayStation®3(PS3®)またはiTunes*1で作成したプレイリストの再生に対応
・ 「リモートプレイ」のLiveAreaTMに、PS Vitaを利用してPS3®専用ソフトウェアの操作ができる「クロスコントローラー」機能のアイコンを追加し、PS3®との連携を強化*2

プレスリリース( リンク先PDF )


まだ PS Vita 買ってないんですよね。欲しいなぁとかも思わないのは、あれです、単にやりたいゲームがないからだけなんですよ(^^;;;


SONY、ポータブルナビ市場から撤退

SONY はカーナビの事業から年内に撤退し、すべての機種の生産を終了すると発表したそうです。ポータブルナビなとを作っていましたが、スマートフォンの台頭で今後の販売拡大は見込めないと判断したためだそうです。

実際に判断の通り今後の拡大は見込めないだろうなあ。2010年 には 120万台 も売れていたそうだけど、2012年は 100万台 程度までの落ち込みが見通されているそうで‥‥ ってか、逆にまだそんなに売れるの?って思ってもしまいましたが(^^;;


個人的には iPhone で十分ナビの代わりになるし、そもそも地図がほぼ常に1番最新となれば、あえて高い年度ごとの地図データを買わなくてもいいわけだしね。ナビはスマートフォンでは出来ないなにかがないとポータブルナビ以外も今後はしんどくなっていくかもね。

SONY、Reader バリューキットを発売

SONY は電子書籍リーダー Reader PRS-350 にオプションのブックカバー PRSA-SC35 がセットに成った PRS-350KIT を 3月1日 に発売するそうです。カバーの色は本体のカラーに合わせたものになるとのことです。

また、PRS-350KIT の発売に合わせて、3月1日〜31日 の間に購入されたユーザには 1500ソニーポイント をプレゼントするキャンペーンも行うそうです。


PSP向けコミック配信終了へ

ソニー・コンピュータエンタテイメント ( SCEJ ) は PSP 向けのコミック配信を 3月15日 で新規の取り扱いを中止し、9月末までに終了。再ダウンロードは年内でいっぱいで終了となるそうです。2009年 年末に始まったこのサービスはわずか2年半で終了となりました。

1話 50〜150円 とか価格設定がメチャクチャな上、サービスを継続して提供するという気持ちのない SONY が運営しているので、サービス開始時から早々に終わると思っていましたが、やはり早かったですね。


PSP®「プレイステーション・ポータブル」向けコミックコンテンツ配信サービス
新規コンテンツの追加更新終了のお知らせ


SCEJ、PS Vitaのコンテンツ管理ソフトのMac版を発表

ソニー・コンピュータエンタテイメント ( SCEJ ) は PlayStation Vita と PC との間でコンテンツをやり取りするためのソフト「 コンテンツ管理アシスタント for PlaySation 」の Windows 版に加えて Mac 版をリリース。Mac から ビデオや音楽などを Vita に転送したり、セーブデータなどゲームデータのバックアップも可能となっています。

最近の SONY って、ようやく Mac にも光をあててきましたね。SONY の Reader にもコンテンツを管理するソフトに Mac 版を用意していますしね。あとは Walkman なんかもそうなればいいですよねぇ(^^;;

SCE、PSNからSENへサービス名を変更

ソニー・コンピュータエンタテイメント ( SCEJ ) は 2012年2月8日 に実施される予定の PlayStation 3 ( PS3 ) 及び PlaySation Vita のシステムソフトウェアアップデートにあわせて、PlayStation Network ( PSN ) アカウントの名称を Sony Entertainment Network ( SEN ) アカウント変更することを発表しました。

名称の変更のみで、サービスに変更なく従来通りに利用できるとのことです。

PlaySation Portable ( PSP ) 上でのサービス名称は変更がないとのことです。っていうか、アップデートもないんだけど、まぁ、オワコンの PSP ですから、仕方ないね。

Bloggieに新モデル! Bloggie Live

SONY は MP4カメラ の Bloggie シリーズの最新モデルとなる MHS-TS55 と MHS-TS22 を発表しました。MHS-TS55 は Bloggie Live という名称がついており、Skype 傘下の Qik に対応しストリーミングのライブ配信が可能となっています。

ブロギー
Press Room SONY INTRODUCES A WHOLE NEW WAY TO SHOOT AND SHARE WITH TWO “WONDERFULLY SIMPLE” BLOGGIE HD CAMERAS

MHS-TS55 は、無線LAN が搭載されているのでライブ配信が出来るわけですけど、もちろんのこと先に録画をし YouTube などに動画をアップロードすることもできます。静止画は Picasa や Flickr にもアップロードできるので、無線LAN が使える環境にあれば手軽にアップロードできます。

MP4カメラ としての性能はステレオで撮影可能な 1080/30p の動画、12.8M の静止画で撮影することができますので、必要十分な機能となっています。内蔵メモリは 8GB で気になる価格は 250ドル で、日本での発売は未定なので価格も未定。


また、MHS-TS22 は Bloggie Sport という名称で 4GB の内蔵メモリで 180ドル という価格で発売されます。こちらは 無線LAN は搭載されてないけれど、約5メートルの防水機能を備えたモデルとなっているそうです。

SONY、家庭用有機EL事業から撤退?

読売新聞によると SONY は有機ELテレビの生産を終了し、業務用を除いて家庭用からは撤退するとのことです。今後は液晶テレビに集中し、製造、販売を行なっていくことのようですが‥‥

YOMIURI ONLINE 韓国勢に押され…ソニー、有機ELテレビ撤退

ソニーは、次世代薄型テレビの主力となるとみられている有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)テレビの生産を終了した。

業務用モニターの販売は続けるが、家庭向けは液晶テレビに集約する。一方、韓国メーカーは家庭向け大型有機ELテレビの販売を強化する。テレビ事業を巡る日本勢の苦境が鮮明になった。



これが本当であれば個人的には良い判断だと思います。有機ELは確かに発色がいいのでキレイに表示はできますけど、でも、焼きつけの問題や寿命もそれほど長くないってことを考えると解決するべき問題はまだまだたくさんある、、、というか、液晶は解決できているわけだから、あえて問題のある有機ELである必要もないだろうって思うし、正直、昔に比べメチャクチャ画質が落ちている液晶テレビでも問題ないというひとが多いわけなんだから、画質がキレイっていうだけの有機ELに、液晶と比べる必要はないですよね。

TransferJetがDTCP-IPに対応

SONY が中心となる TransferJet コンソーシアム は、近接無線転送技術 TransferJet に DTCP-IP を使ったコンテンツを転送できるようにするなどの機能を追加しました。これにより著作権保護のかかったコンテンツを TransferJet の対応機器同士でやりとりをすることが可能になります。

ただし、対応機器はほとんどなしです。

2008年 からすでに 4年目 を迎えようとしている転送規格が、この分野で成長するとはなかなか思えないし、正直に言えば Wi-Fi をベースにしたもので転送をするほうがよほど建設的で普及も速いと思う。iPhone と母艦との同期も iOS 5 で対応した Wi-Fi 接続は快適の一言 ( ちと遅いがww ) 。今後のこの規格がどうなるかは、この1年にかかってると思う。


リンク 拡張規格について ( リンク先 PDF )

iPhoneを発売するかもしれないauに期待すること

Apple の次期 iPhone ( iPhone 5 ) を au からも発売するのではないかという報道がなされ、市場は歓迎ムード。個人的にもソフトバンクモバイル以外からも発売されるというのは選択肢としてはいいと思います。

が、Apple 、KDDI からも正式なコメントがないためあくまでもウワサです。

個人的には au から iPhone が発売されると、au = muisc っていうイメージがあるもので、期待したいのは SME ( SONY ) の iTunes Store への加入なんです。LISMO では SME の曲が買えて、iTunes Store では買えないっていうのは au としてはユーザに失礼でしょう。au には頑張って SME を口説いてもらって、iTunes Store でも SME の曲が買えるようにして欲しいし、SME にとっては販路が広がるのは絶対にいまの音楽業界の事情を考えればプラスになると思うんだけどなぁ。

PS Vitaは12月17日発売!

ソニー・コンピュータエンタテイメント ( SCEJ ) は PlayStation Vita の発売日を 12月17日 と発表。Wi-Fi モデルが 24980円、Wi-Fi + 3G モデルが 29980円となります。また、Wi-Fi + 3G モデルの 3G回線 は NTTドコモ 回線のプリペイドとなり、通信費用は20時間/30日間プランが 980円 で、103時間/100日間プラン が 4980円 となります。


SONY、新電子書籍端末PRS-T1を発表

SONY は 6″ E-Ink ディスプレイを採用した新しい電子書籍端末 PRS-T1 を発表しました。従来モデルと比べると、軽くなり、Wi-Fi 802.11b/g/n に対応し、マルチタッチによるスワイプやピンチができるようになったそうです。気になるお値段は 149ドル で、10月の発売予定だとか‥‥ 日本はもう少し先になりそうですね。



それにしても SONY は、どうしてコンテンツの扱い方が下手なんだろう。

PS3値下げ! 24980円!

SCE ( ソニー・コンピュータエンタテイメント ) は Gamescom 2011 のプレスカンファレンスにおいて PlaySation 3 ( PS3 ) の価格改定を発表しました。新しい PS3 の 160GB版の価格は 24980円、249ドル、249ユーロで、320GB 版は 29980円、299ドル、299ユーロ となっています。

日本での改定時期は現在のところ未定 8月18日 からのようです。

SONY 新型PSP E-1000を99ユーロで発売!

SCE ( ソニー・コンピュータエンタテイメント ) は Gamescom 2011 のプレスカンファレンスにおいて PSP の新型となる PSP-E1000 を発表。発売時期は未定ながら、販売価格が 99ユーロ 、日本円で 約11000円 となるそうです。残念ながら、現在のところ日本での発売や時期、価格は未発表となっています。



PSP E-1000 は、従来の PSP から Wi-Fi 機能を省いて低価格化したものだそうです。ボクはてっきり UMD を廃止したのかなって思ってました。PSP から Wi-Fi を省いたらモンハンの追加シナリオの DL って出来ないんじゃないかな?? 安くなることは嬉しいけどこれはちょっとまずいような‥‥

Wi-Fi がないので、PlayStation Store で提供されているゲームなどは、一旦、PC や PS3 などでダウンロードし、PSP E-1000 に転送する必要があるようです。



4Gamer.net [Gamescom]新型PSPが99ユーロで発売予定。PS3も値下げで249ユーロ,2万4980円に。SCEプレスカンファレンス速報

Hi-MD規格、終了へ

SONY は MD の大容量規格となる Hi-MD の Hi-MD Walkman MZ-RH1 を 2011年9月 に出荷停止とし、さらに Hi-MD メディアの HMD1GA を 2012年9月 に出荷停止とするそうです。ちなみに普通の MD Walkman や MD は継続して販売されるそうです。



Hi-MD Walkman MZ-RH1 は、マイク端子を使って録音した生音を Mac にも USB を経由して転送できるようにした Hi-MD Music Transfer っていうのがありましたし、USB 接続をして MD をストレージとして使うこともできた面白いウォークマンだったんですけど、そうですか、ついに終了ですか‥‥

SONY Readerが.book形式に対応

SONY は電子書籍端末 Reader をアップデート。新たに .book 形式をサポートしました。これにより計6000タイトルの電子書籍が加わる予定なんだそうです。アップデータはすでに提供済みとなっていますので、Reader ユーザはアップデートされるといいですね。

電子書籍リーダー「Reader™」 ドットブック(.book)フォーマットのサポートを開始

 ソニーは、国内市場において発売している電子書籍リーダー「Reader Pocket Edition™ (リーダー ポケット エディション)」および「Reader Touch Edition™(リーダー タッチ エディション) 」向けに、本日よりドットブック( .book)フォーマット対応のアップデートプログラムの提供を無償にて開始いたします。「Reader™」サポートページ: http://www.sony.jp/support/reader/



講談社による .book 形式のコミックも配信されるそうで、『あしたのジョー』や『のだめカンタービレ』などのラインナップとなっているようです。国内の電子書籍が低迷を続けている最大の理由はコンテンツ不足。こういったコミックが起爆剤になるといいですけど、もっとパンチのあるコンテンツはないのかなぁ?

各社の思惑は当然ありますが、それよりもまずは市場を作ることに注力を注いでほしいですね。

PS3がマイナーチェンジ

ソニー・コンピュータエンタテイメント ( SCE ) は PlaySation 3 を 6月下旬 の出荷分よりマイナーチェンジすることを発表。それに伴い型番も CECH-2500B から CECH-3000B へと変更されます。

今回のマイナーチェンジで、消費電力が 230W から 200W へ削減され、質量も 約3.0kg から 約2.6kg となります。そして、最大の変更点として、BDソフトのハイビジョン映像出力が HDMI のみとなったことです。D端子やコンポーネント出力はSD画質に制限されます。この制限はBlu-ray Discの著作権保護技術であるAACSの規定によるもので、ゲーム映像はこの限りではありません。

ちなみに HDD の容量は 320GB で、価格も 34980円 で据え置きとなっています。



SONYら4社、電子書籍で相互サービスを予定

SONY とパナソニック、紀伊国屋、楽天の4社は電子書籍の利便性向上に向けた取り組みで合意。今年後半からそれぞれが提供する電子書籍端末及び電子書籍のストアの相互接続を計画しているそうです。

具体的にどのフォーマットにするかなどの仕様は明らかにされていないものの、どの電子書籍のストアで購入したにせよ、ユーザが一元管理できるような仕組みを提供してくれるそうです。端末側もマルチフォーマットに対応するなど柔軟に対応してくれるそうです。

ただ、まぁ、どのような仕組みやサービスであろうとコンテンツの量と利便性が悪かったらユーザはついてこない。正直、いままで散々裏切ってきたメーカーが名を連ねているので期待はできないけれど、いい意味で期待を裏切って、電子書籍が時代を創り上げてほしいですね。

紀伊國屋書店、ソニー、パナソニック、楽天
電子書籍の利便性向上に向けて、共同で取り組むことに合意

–電子書籍端末や電子書籍ストアの垣根を越えた、
利用環境の実現を目指す–

 株式会社 紀伊國屋書店(代表取締役社長 高井 昌史)、ソニー株式会社(代表執行役 会長 兼 社長 CEO ハワード・ストリンガー)、パナソニック株式会社(代表取締役社長 大坪 文雄)と、楽天株式会社(代表取締役 会長 兼 社長 三木谷 浩史)の4社は、日本における電子書籍サービスについて、お客さまの一層の利便性向上を図り、普及・拡大を加速するため、以下の取り組みを検討していくことに合意しました。


SONY、新FeliCaチップを来春出荷

SONY はおサイフケータイや Edy カードなどに使われている FeliCa の新 ICチップ を発表しました。新ICチップはカードとリーダー・ライター間の相互認証と暗号通信において、従来のDES暗号方式に加え、AES暗号方式を備えてセキュリティの強化がされました。ICチップのサンプルは今冬、量産化は2012年の春を予定しているそうです。

非接触ICカード用の次世代FeliCa ICチップを開発
〜新たに高セキュリティー暗号方式AESを採用〜

 ソニーは、新世代標準暗号化方式AES(Advanced Encryption Standard)を採用した非接触ICカード用の次世代FeliCa ICチップを開発しました。新 ICチップは、カードとリーダー/ライター端末間の相互認証と暗号通信において、従来のDES(Data Encryption Standard)暗号方式に加え、AES暗号方式を備えることで、セキュリティーがさらに強化されています。また、先進のプロセスとIC設計技術の最適な組み合わせにより、従来品と比較して低価格化を実現しました。
本ICチップは、サンプル出荷開始を今冬に、量産出荷開始を2012年春に予定しています。



セキュリティが強化されるのはありがたいことだけど、インフラの整備のし直しになるようなことだから、普及には時間がかかりそうだなぁ。というか、うちにある FeliCa のリーダー・ライターの買い直しがイヤかも(笑)

NGP正式名称はPlayStation Vita

ソニー・コンピュータエンタテイメント ( SCE ) は、次世代 PSP として発表済みだった NGP ( Next Generation Portable ) の正式名称を PlayStation Vita となることを発表しました。Vita はラテン語の Life という意味だそうです。

また、2011年年末から日本を含む地域で順次発売され、価格は Wi-Fi モデルが 24980円、3G + Wi-Fi モデルが 29980円 となるそうです。3G + Wi-Fi モデルがキャリア契約をしないと買えないのかどうかはわかりませんが、5000円 の差ならば、キャリア契約をしないでいいなら買いたいなぁ。

とりあえず『 みんなのGOLF NEXT 』がラインナップに上がっていて、それがローンチのタイトルだったら、即買いだけど、それがなくても、とりあえず即買いですね。なので、頼むから転売屋みたいなのに売らないようにしておいてくださいよ > SCEJ

プレスリリース


PSP、バージョンアップ 6.39

ソニー・コンピュータエンタテインメント ( SCE ) が PSP ( プレイステーション・ポータブル )のファームウェアをアップデートし、バージョン 6.39 としました。PSNのパスワードを変更させるプロセスと、動作の安定改善がなされているそうです。

システムソフトウェアアップデート

システムソフトウェア バージョン6.39で更新される主な機能

PlayStation®Networkへのサインインが失敗するときに表示されるエラーメッセージの内容を修正しました。
PlayStation®Networkに対する不正アクセスが確認されたため、セキュリティー対策の一環として、すべてのお客様にPlayStation®Networkのパスワードを変更していただくプロセスを追加しました。

バージョン6.39にアップデート後、初めてPlayStation®Networkにサインインするとき、パスワードの変更が必要となります。

システムソフトウェア バージョン6.39で更新されるその他の機能

システムソフトウェアにおいて、動作の安定性を改善しました。



PSP、バージョンアップ 6.38

ソニー・コンピュータエンタテインメント ( SCE ) が PSP ( プレイステーション・ポータブル )のファームウェアをアップデートし、バージョン 6.38 としました。動作の安定改善がなされているそうです。

システムソフトウェアアップデート

システムソフトウェア バージョン6.38で更新される主な機能

システムソフトウェアにおいて、動作の安定性を改善しました。


PS3 320GB + torne のセットが34980円!

ソニー・コンピュータエンタテイメント ( SCEJ ) は torne がセットになった PlayStation 3 HDDレコーダーパック 320GB を 3月1日 から 35980円 で販売するそうです。単品の PS3 が 34980円 で torne が 9980円 なので、チョーお得なセットとなっています。



さらに 3月10日 から 4月17日 までの間に、PS3 を購入したひとを対象に Blu-ray 20作品のうちから好きなソフトを1枚抽選で10000名様にプレゼントしてくれるそうです。持っていない人はチャンスかも!

Xperia play 正式発表

Sony Ericsson が PlayStation Suite をサポートした PSP go ライクなデザインの Xperia 、Xperia play を発表。3月から発売を開始するそうです。OS は最新の Android 2.3 となっています。



PlayStation Suite は PlayStation 同様のゲームを遊べるようにするプラットフォーム。そして、Xperia play は、そのプラットフォームのゲームをガッツリ楽しむことのできるよう十字キーとボタンなどが装備されています。

この Xperia play なんだけど、60fps で 3D 表示ができるんだそうです。スマートフォンにそこまでのスペックっているのかな?って思うんだけど、その前に、そんなハードな内容で 約5時間35分( ゲーム利用時 ) もバッテリが持つのかな??

プレスリリース

次世代PSP、NGP発表!

ソニー・コンピュータエンタテインメント ( SCE ) は、PSP に次世代機となる NGP ( Next Generation Portable ) を発表。2011年の年末より発売を開始するそうです。価格や日本での発売日などは未定ですが、12月3日 が有力ですかね(^^;;



NGP は5型有機ELタッチディスプレイ、本体背面にタッチパッドが搭載のタッチインターフェイスを採用、さらにアナログスティックは 2つ となり、カメラ、GPS、3軸ジャイロ/加速度センサー/電子コンパスなどが搭載されるなど考えうる携帯端末としての機能がわんさか入ってます。

また、ARM Cortex A9 ( 4コア ) の CPU に SGX543MP4+ の GPU に 3G + Wi-Fi + Bluetooth の通信機能とゲームを楽しむ上でのスペックも十分。

メディアは NGP 専用のメモリーカードとなり、従来の UMD は廃止となりました。でも、これは大正解ですね。やっぱり UMD は遅かったですからねぇ(^^;;; しかし、NGP は楽しみですね(^^


ニュースリリース

PSP、バージョンアップ 6.37

ソニー・コンピュータエンタテインメント ( SCE ) が PSP ( プレイステーション・ポータブル )のファームウェアをアップデートし、バージョン 6.37 としました。動作の安定改善がなされているそうです。


システムソフトウェアアップデート

システムソフトウェア バージョン6.37で更新される主な機能

システムソフトウェアにおいて、動作の安定性を改善しました。


SONY、新Bloggie発表

SONY は Bloggie シリーズの新製品 Bloggie Touch ( MHS-TS20K ) と Bloggie 3D ( MHS-FS3 ) を発表しました。それぞれ 2月25日 と 4月 の発売予定となっていますが、手軽にどこででもフルハイビジョンの動画が撮影ができるビデオカメラです。



両機種ともに MPEG-4 AVC / H.264 で 1980 × 1080 のフルHD録画ができます。内蔵メモリもたっぷりの 8GB で 約80分 の撮影が可能です。また、USB 端子で PC や Mac と接続できるのは当然として、mini HDMI 端子も実装されているので、テレビとも手軽に接続できるのもポイントが高いです。

Bloggie Touch は、その名のとおり液晶タッチパネルで操作が手軽にでき、そして 360ビデオレンズ を使えば、周囲360度の撮影が可能なモデル。Bloggie 3D はその名のとおり 3D 撮影が可能なモデル。

2年前のボクなら間違いなく買っていたんだろうけど、いまは十分動画を撮影する機器を持っているからなぁ‥‥ 余裕があれば買うんだろうけど、それなら iMac の新型が欲しいし(^^;;; 誰かくれないかなぁ(笑)



東芝、Cell工場をSONYに譲渡

東芝は、SONY と SCE との合弁会社である 長崎セミコンダクターマニュファクチャリング ( NSM ) の Cell Broadband Engine などの半導体製造設備を SONY に譲渡する合意書を締結したそうです。

東芝及びソニーによる半導体製造設備の譲渡に関する基本合意書の締結について

 本日、株式会社東芝(以下、東芝)及びソニー株式会社(以下、ソニー)は、東芝とソニー及び株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下、SCEI)三社の合弁会社である長崎セミコンダクターマニュファクチャリング株式会社(以下、NSM)が操業する東芝所有の半導体製造設備を東芝からソニーに譲渡する旨の意図を確認する基本合意書を締結しました。なお、この譲渡に伴い、NSMに関する三社の合弁関係は解消される予定です。


SONY、iOS用Appを近日公開!

SONY は iOS 及び Android 向けの PlayStation Network ( PSN ) アプリとなる「 Official PlayStation App 」を近く公開することを発表しました。これは PSN にアクセスし、ユーザのプロフィール、トロフィ、ステータスを閲覧することができるものだということです。

ステータスなどが表示されるのは面白いけど、ゲームにこれをどう繋げていくのかが今後の課題でしょうね。いまのところそれほど価値があるとは思えないんですよね。。。


The Official PlayStation App, Coming Soon To iPhone And Android Handsets

I’m very happy to finally be able to announce on the PlayStation.Blog that we will launch the Official PlayStation App very soon.

The app will be available to download for iPhone and iPod Touch with OS 4 and above, and most Android compatible handsets with a minimum of OS 1.6.



ソニーら4社、電子書籍配信会社を事業会社化

SONY、凸版印刷、KDDI、朝日新聞社の4社は電子書籍共通配信業務などを行うために立ち上げた電子書籍配信事業準備株式会社を「 株式会社ブックリスタ 」に11月4日付けで事業会社化。コンテンツの収集・電子化、管理、課金、販売などをオープンに行っていくそうです。



電子書籍配信事業準備株式会社が株式会社ブックリスタとして事業会社化

 ソニー株式会社、凸版印刷株式会社、KDDI株式会社、株式会社朝日新聞社の4社が2010年7月1日付で共同設立した電子書籍配信事業準備株式会社は、2010年11月4日付で株式会社ブックリスタ(以下、ブックリスタ)として事業会社化いたしました。


オープンに行うというのは、フォーマットもオープンか、もしくはそれに準ずるようなものであるべきだとは思うけど、詳細は25日にも発表されるそうです。期待はするけれど、正直、シャープの展開する GALAPAGOS よりもオープン性は薄いと感じる。

PSP、バージョンアップ 6.35

ソニー・コンピュータエンタテインメント ( SCE ) が PSP ( プレイステーション・ポータブル )のファームウェアをアップデートし、バージョン 6.35 としました。このアップデートではエクストラメニューに x-Rader Portable が追加されています。

システムソフトウェアアップデート

システムソフトウェア バージョン6.35で更新される主な機能

(エクストラ)に (x-Radar Portable)を追加しました。