ATOK 2012 for Windows 体験版配信開始

ジャストシステム は日本語入力システム ATOK シリーズの最新版となる ATOK 2012 for Windows の体験版を公開しました。Windows XP / Vista / 7 に対応しています。また、月額300円の ATOK Passort に登録することで製品版としても利用が可能とのことです。

ATOK 2012 for Windows は、ATOKキーワードExpress に対応しており、この機能はジャストシステムから配信される旬のキーワードを自動的に辞書登録することができます。このサービスは週に3回ほどの配信を予定しているとかです。また、予測変換エンジンに Advanced Suggest ( AS ) エンジン が採用されており、予測変換も大幅に強化されているとのことです。

WindowsでHFSへアクセス可能なソフトウェア

パラゴンソフトウェア が Windows で Mac のファイルシステム HFS / HFS Plus でフォーマットされたドライブへアクセスできるソフトウェアの公開を開始しています。ファイルの読み書きなどができる Paragon HFS+ for Windows と、読み込み専用の Paragon HFS+ for Windows ( Read Only ) が公開されています。

対応 OS は Windows XP / Vista / 7 と Windows Server 2003 / 2008 などとなっています。

Microsoft、Vista向け「メイリオUI」公開

Microsoft が リボンUI に最適化されたメイリオフォント「 Meiryo UI レギュラー 」と「 Meiryo UI ボールド 」を Windows Vista 向けなどの公開を開始したそうです。Word や Execl の 2007 版を使うときに見やすくなっていると思うんですけど‥‥



対応 OS は、Windows Vista / Server 2008 です。x86 版x64版Server 2008 IA-64版 があります。


メイリオ UI は、Windows 7 にはインストールされているものなので Windows 7 ユーザのインストールは必要ありません。また XP 向けは公開されていませんが、XP には「 Meiryo 5.0 」というのが以前公開されていますから、メイリオ UI もいずれ公開されるかもしれません。

R-LiFE for JUGEM | XP用ClearTypeフォント「メイリオ」配布開始

Windows Vista SP2 配布開始

Microsoft は Windows Vista と Windows Server 2008 向けの SP2 ( Service Pack 2 ) の提供を開始しました。ダウンロードサイトから無償でダウンロードできます。

Windows Vista SP2 / Windows Server 2008 SP2 は新たなハードウェアへの対応、信頼性などの改善など多岐にわたる性能の向上がなされているようです。全体では約700にも及ぶ項目で機能追加や改善などが行われているということです。

Microsoft(R) Windows Vista(R)およびMicrosoft Windows Server(R) 2008 Service Pack 2日本語版を5月27日より提供開始

 マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区)は、「Microsoft(R) Windows Vista(R) および Microsoft Windows Server(R) 2008 Service Pack 2」 日本語版(以下、Windows VistaおよびWindows Server 2008 SP2)を、2009年5月27日より、Webサイトからの無償ダウンロードで提供開始します。

 Windows VistaおよびWindows Server 2008 SP2は、Windows Vista Service Pack 1およびWindows Server 2008各製品出荷以降に提供した更新プログラムの累積と、お客様からのご要望をもとに現在実装している機能をさらに拡張した機能を、一括で適用します。マイクロソフトは、更新プログラムを継続的に提供すると同時に、ソフトウェアおよびハードウェアベンダーと連携し、ベンダー各社が互換性、信頼性、およびパフォーマンスの向上を実現できるよう支援することにより、Windows VistaおよびWindows Server 2008の機能強化を図っています。


Microsoft、次々期Windowsエンジニア募集中!

Microsoft が Windows 7 のあとの Windows の開発をするために求人を求めているそうです。ファイルシステムの開発エンジニアだということです。

Windows Vista / 7 には採用されることのなかった新ファイルシステムは、Mac OS X でもそうですが、必ず今後必要になってくる要の部分だと思います。開発に日数は要するでしょうから、いまから 次々期 Windows のためにテスト開発をするのは必要でしょうね。

Job Details

Job Title: Lead Software Development Engineer in Test
Job Category: Software Testing
Product: Storage
Date Posted: 04/14/2009

Are you a talented SDE/T Lead looking for the next technical challenge on a key operating system component? Are you passionate about distributed systems, networking, file systems and want to be the leader of a cutting edge project? Are you looking for a team with abundant opportunities to grow? If so, we have the position for you!


Apple も 次期 Mac OS X 10.6 のサーバー版で新ファイルシステムの ZFS を導入する予定になっています。そして、Mac OS X 10.7 ではクライアント版にも導入されると思われます。

ファイルシステムが堅牢なものになってくれれば、我々ユーザも安心して利用できるというものですよね。

Windows XP、exFATに対応


Microsoft は SDアソシエーション が発表した次世代 SD メモリーカード SDXC で採用される新ファイルシステムの exFAT に Windows XP SP2 / XP SP3 を対応させるプログラムの公開を開始したそうです。

ちなみに Windows Vista は SP1 で対応済みだということです。

Windows XP 用の更新プログラム (KB955704)

Mac OS X は、いまのところ対応していないようですが、まだ SDXC メモリカード も発売になっていないですし、対応のデジカメなども出ていないので問題なしですね。