『VOLT』吉井和哉

吉井和哉の ニューアルバム『 VOLT 』を聴いてるわけですが、どう表現していいのかわからないくらい 吉井和哉 らしさがにじみ出ている傑作です。

このアルバムに先行して発表された「 ビルマニア 」が 1曲目 で、そのあとに続く「 フロリダ 」もアップテンポなロックなもんだからウキウキして聴いていると、イエモン時代の雰囲気を持つブルースっぽい「 ウォーキングマン 」でガツンと吉井和哉の世界観にやられちゃいます。

で、このあとにやってくるのが「 ノーパン 」(笑)

なんなんだってくらいサイケ(笑) 歌詞の冒頭で「 ノーパンで眠るあなたが愛しい 」って言われたって(笑) 歌詞の言葉っていうか単語が名調子で、これもらしいなぁってニヤリとしちゃいます。

そして、またロックな「 ヘヴンリー 」でゾクゾクっとさせてくれます。このひとのロックは気持ちがいいよ。気持ちがいいと言えば、このあとの「 魔法使いジェニー 」はサビが気持ちいいんだよね。いっしょに口ずさんでしまう。ディスコな感じの曲なんだけど、相変わらず吉井和哉のディスコな曲は歌詞が恥ずかしいw

「 SNOW 」では一転、バラードで聴かせる。ホント、この言葉のみ聴かせる。思考力を一切停止させて聴かせる。すごいことです。曲が終わると、息をついてると「 ONE DAY 」を軽快に聴かせてくれる。力がすっと抜けるんだけど、「 ルビー 」で 吉井和哉 のねちょっとしたロックがほどよい緊張を与えてくれる。

最後にやってくるのが「 またチャンダラ 」。この曲は恐ろしいくらい頭のなかにこびりついてしまう。こんな名曲 ( 迷曲 ) を作れるのは 吉井和哉 をおいて他に誰がいるんだろ(笑) これでこのアルバムを終えられてしまうと、消化不足っていうか、まだまだ 吉井和哉 の世界に浸っていたいって気持ちのままになる。

なんて、アルバムだ(^^

VOLT 初回限定盤【CD+DVD】
VOLT 初回限定盤【CD+DVD】吉井和哉

EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) 2009-03-18
売り上げランキング : 13
おすすめ平均star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す