Google日本語入力 開発版がアップデート 0.13.523.101

Google の 日本語入力システム Google 日本語入力 開発版 がアップデートしました。Mac OS X 版のバージョンは GoogleJapaneseInput-0.13.523.101 となりました。

今回のアップデートで、青椒肉絲など中華料理の用語は増えたそうです。ついでなら餃子の王将用語も追加してたらいいのに、りゃんがーこーてる‥‥ 変換できないね(笑)

Google 日本語入力の開発版をアップデートしました。(0.13.523.10x)

本日、Google 日本語入力開発版をアップデートしましたのでお知らせします。今回の変更点は以下のとおりです。

共通の変更点
・一部の人名等の複合語で適切な候補が出ていなかった問題を修正しました。
・麻雀用語を拡充しました。(ぴんふ → 平和)
・中華料理の用語を拡充しました。(ちんじゃおろーす → 青椒肉絲)
・複合語の読みに一部誤りがある問題を修正しました。
・ローマ字テーブルに登録可能な文字数の上限を増やしました。

Windows 版の変更点
・入力中の文字列表示や、サジェスト・候補ウィンドウ表示に関する多くの問題を修正しました。
・入力中にローマ字キー (JIS キーボードでは Alt + 「ひらがな」) を押すことで、ローマ字入力とかな入力を切り替えられるようになりました。この機能を有効にするには、設定ダイアログの「基本設定」から、「ローマ字入力 (切替え可)」または「かな入力 (切替え可)」を選択します。

Windows 版の既知の問題
・アップデート後、言語バーの表示が乱れることがあります。Windows 再起動後に直ります。
・言語バーに“(旧) Google 日本語入力” または “(無効) Google 日本語入力” が現れることがありますが、選択しても問題ありません。自動的に新しいバージョンに置き換えられます。
・言語バーの変換モードアイコンとツールアイコンが、IME のアイコンの左側に表示されます。
・Windows XP で「詳細なテキストサービス (TSF)」を無効にすると、言語バーが表示されません。

Mac 版の変更点
・¥キーで入力する文字をバックスラッシュに指定している際、シフトキーを押しながら¥キーを押した場合もバックスラッシュ文字が入力されてしまうという問題を修正しました
・Macでも多段計算が可能になりました。 “1+1=” を 2 と変換したあと、 “+3=” と入力すると、5 と変換できるようになります。ただし一部のアプリケーションでは動作しません。

オープンソース版の変更点
・Emacs版クライアントが端末内でも利用可能になりました。
・IBus版クライアントが、IMEオン・オフのショートカットキーを無視することがある問題を修正しました。


RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す