Twitterも独自にURL短縮サービスを開始

Twitter 社は Twitter において、独自の URL 短縮機能の提供を開始しました。まずは一部ユーザを対象に公開をしているようですが、今後、対象ユーザを拡大していくとのことです。

Twitter のウェブサイトから Tweet するときに、貼り付けた URL が自動的に 19文字 の短縮された URL に変換されます。元の URL が推測できるような URL に変換し表示するそうで、その URL でどこにリンクしているかは推測できるようにしてあるそうです。

また、リンク先が悪意のあるサイトだと報告されている場合は、警告ページが表示されたりするそうです。ただ、URL のクリック数などを計測はできないそうで、その手のサービスは bit.ly などの短縮サービスを利用して欲しいとのことです(^^;;;

URLの共有を簡単に

Twitterをより簡単に利用できるようにするため、多くの機能の開発に取り組んできました。本日、多くのユーザーから要望が寄せられていた機能について公開を開始しました。それは、Twitter.com上での自動URL短縮機能です。


RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す